ニュース

しゃべってコンシェル技術を使ったおはなしロボット「オハナス」

クラウド型おはなしロボット「OHaNAS(オハナス)」

 タカラトミーは、NTTドコモと共同開発したクラウド型おはなしロボット「OHaNAS(オハナス)」を、10月1日に発売する。希望小売価格は19,800円(税抜)。

 クラウドサービスと連携し、ニュースや天気などリアルタイムの情報も教えてくれるロボット。ちょっとした疑問に答えたり、しりとりをすることもできる。何気ない雑談相手になり、あたかも人と話しているような自然な会話が楽しめるという。

 クラウドシステムには、NTTドコモの“しゃべってコンシェル”などに使わている「自然会話プラットフォーム」を採用。スマートフォンやタブレットに専用のアプリをインストールして、オハナス本体とペアリングすることで会話ができるようになる。ユーザーの言葉の意図を解釈し、サーバーに検索をかけて最適な返答をする。なお、アプリは無料で、ドコモ以外の回線でも利用可能。

アプリ画面
ペアリング終了後、頭を撫でて目が青く光ると会話可能になる
使用イメージ

 会話例は以下のとおり。

 ユーザー:「キャベツを使ったレシピを教えて?」
 オハナス:「情報サイトでお調べしました。ロールキャベツなどいかがでしょう?」

 ユーザー:「葛飾区のおいしいラーメン店は?」
 オハナス:「葛飾区には『○○』(店名)があるようです」(スマートフォンに店舗情報を送信)

 このほか、なぞなぞを出してくれたり、「物語読んで」と話しかけると昔話を読んだりする。

 本体サイズは、160×160×160mm(幅×奥行き×高さ)。電源は単二形アルカリ乾電池を3本、もしくは専用アダプタを使用する。対象年齢は8歳以上。

(西村 夢音)