ニュース

空気清浄機能で他社と差別化、三菱のスティッククリーナー

掃除機に見えないデザインを目指した

 三菱電機は、空気清浄機能を搭載したコードレススティッククリーナー「iNSTICK(インスティック)」を3月1日より発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は7万円前後。

 充電式でコードレスで使えるスティッククリーナー。三菱電機では、「新しい掃除スタイル」を提案するとして、充電台に空気清浄機機能を備えたほか、“掃除機に見えない”ような円形でシームレスなデザインを採用する。

コードレススティッククリーナー「iNSTICK(インスティック)」
クリーナーを取り外したところ
使用イメージ

新しい製品なので、市場動向の説明はナシ

三菱電機ホーム機器 代表取締役 田代正登氏

 三菱電機ホーム機器 代表取締役 田代正登氏は、「新しい掃除スタイルを提案する画期的な製品。通常、こういった製品発表会では市場動向から発表するが、この製品は掃除機という枠にとらわれない新しい製品なので、市場動向の説明はしない」と自信を見せる。

 空気清浄機機能では、HEPAフィルターを充電台の背面に備え、8畳の部屋を約51分で清浄する。

 「一般的な空気清浄機に比べれば、清浄能力は劣るが、本格的なHEPAフィルターを備えている。空気清浄機能を備えることで、(クリーナーを)出しておく必然性が生まれる」(田代氏)と話す。空気清浄機能は、クリーナーを充電台から取り外すと自動的に強運転に切り替わる仕組み。掃除中に舞い上がるホコリなどを効果的に除去するという。

本体正面
本体背面
充電台にHEPAフィルターを内蔵する
HEPAフィルターは上部から取り外す。フィルター交換が簡単にできるように工夫されている
空気清浄機運転は、通常AUTOモードになっているが、クリーナーを充電台から外すと、強運転に切り替わる
8畳の部屋を約51分で清浄する

 本体デザインについては、「色々な部屋に置けるように、あえて方向性がないような、部屋に埋もれてしまうようなデザインにした。本体を置く空間から考えた」という。

気配を消したシームレスなデザインを目指したという
様々なインテリアに合うという
台座部。手前がクリーナーのヘッド部分
ヘッド部分
ブラシ部分
クリーナー本体の操作ボタンは2つ

コードレススティッククリーナーとしては最速の高速旋回を実現

 集じん方式は、同社のキャニスタータイプのサイクロン式掃除機と同様の「風神サイクロンテクノロジー」を採用。コードレススティッククリーナーとしては最速となる秒速60mの高速旋回を実現し、吸引力が99%以上持続するという。

 また、ゴミをためる集じん室と、ゴミを分ける旋回室を分けた構造で、ゴミの中を風が通らないので、排気のニオイが出にくい。排気部にもHEPAフィルターを備えるなど、排気のきれいさにもこだわったという。また、サイクロン部は水洗い可能。

コードレススティッククリーナーとしては最速となる秒速60mの高速旋回を実現した「風神サイクロンテクノロジー」を採用する
風とゴミを分けることで、排気のニオイを低減している
ダストボックスは水洗いに対応する
ハンディクリーナーとして使うこともできる

 充電時間は約2時間。運転モードは標準と強の2段階で、標準時で約20分、強設定時で約10分の連続運転に対応する。

 使い勝手の面では、クリーナー本体の重量を2.1kgの軽量設計としたほか、掃除動作を自動検知しパワーをコントロールする「スマートSTOP」機能を備える。高い場所やテーブルの上の掃除に便利な毛ブラシが付属する。

 クリーナーをセットした状態の充電台のサイズは、250×252×1,087mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は4.7kg。クリーナー本体のサイズは226×195×1,053mm(同)。本体カラーはシャンパンゴールド1色。

(阿部 夏子)