ニュース

自宅への着信を外出先のスマホで取れるデジタルコードレス電話

子機が1台付属する「VE-GDW54DL」

 パナソニックは、スマートフォンを子機として使えるデジタルコードレス電話機「VE−GDW54」シリーズを2月13日より発売する。ラインアップは3機種で、子機なしの「VE-GDW54D」、子機が1台付属する「VE-GDW54DL」、子機が2台付属する「VE-GDW54DW」。価格はオープンプライス。店頭予想価格は順に15,000円前後、19,000円前後、28,000円前後でいずれも税抜価格。

 電話機を自宅の無線LAN環境に接続し、設定することで、スマートフォンを子機として使えるデジタルコードレス電話機。フュージョン・コミュニケーションズが提供するIP電話サービス「FUSION IP-Phone SMART」に申し込むことで、自宅への着信をスマートフォンに転送できるほか、電話アプリ「SMARTalk」を利用することで、基本料及び、着信転送が無料でできるという。

電話アプリ「SMARTalk」をダウンロードしたスマートフォンでインターネット網を利用して通信する場合、無料転送できる

 また、専用アプリ「スマートフォンコネクト」を利用することで、スマートフォンから固定電話の着発信を行なうこともできる。スマートフォンは4台まで登録でき、スマートフォンの電話帳を使用した固定回線からの発信も可能(VE-GDW54DWは3台まで)。

 そのほか、親機にかかってきた電話をスマートフォンに回す、親機とスマートフォン、子機とスマートフォンで内線電話が可能、スマートフォンの電話帳を親機や子機に転送できるなど、一般的なコードレス電話機の子機と同様の使い方ができる。

 さらに、親機の留守番電話に録音された用件をスマートフォンで再生/消去できるうえ、親機に留守番電話が入ったことをメールで知らせる機能も備える。パナソニックの防犯用製品と併せて使うことで、自宅のドアや窓に異変があったことをメールで知らせることもできる。

  対応する無線LANは、IEEE 802.11b/g/n。対応する固定回線は、電話回線(ダイヤル/プッシュ)および新電電(NCC)。

 親機の本体サイズは159×187×78mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は約550g。コードレス子機の本体サイズは49×25×173mm(同)で、重量は約140g。

(阿部 夏子)