ニュース

HEPAフィルター搭載で排気がきれいなロボット掃除機

HEPA フィルター搭載モデル CZ-S01

 シー・シー・ピーは、HEPAフィルターを搭載したロボット掃除機「HEPA フィルター搭載モデル CZ-S01」を6月上旬より発売する。希望小売価格は24,800円(税抜)。

 ロボット掃除機「LAQULITO(ラクリート)」シリーズの新モデル。排気フィルターに、微細なゴミやハウスダストを捕らえるHEPAフィルターを採用した点が特徴。微細なアレル物質を最大99.97%捕集するという。

 正方形に近い形状と、「スパイラル」「壁づたい」「ランダム」の3種類の掃除モードで壁際に溜まったゴミやホコリをしっかり吸引する。ゴミの除去率は、同社の従来機種に比べて約80%向上したという。

 安全面では、壁や家具への接触を防ぐ「障害物検知センサー」や、高さ10cm以上の段差を感知する「落下防止センサー」を搭載する。

 電源はリチウムイオン電池で、連続運転時間は最大で約50分。充電は付属の縦置き型充電スタンドを使用して行なう。充電時間は最大で約5時間。繰り返し充電回数は約500回で、交換目安は約1年。

 また、アロマトレイとアロマパッド(2個)を付属する。自分好みのアロマオイルをたらすことで、アロマの香りも楽しめる。

0.3μ以上の微粒子を捕らえるHEPAフィルターを採用
正方形に近い形状で壁際のゴミやホコリを吸い込む
狭いスペースにも設置できる縦置き型の充電スタンド

 本体サイズは260×264×79mm(幅×奥行き×高さ)。本体重量は1.6kg。最大掃除面積は約25畳。ダストカップの容量は0.25L。消費電力は最大で約15W。運転音は約60dB。カラーはブラック。回転ブラシ、コードの長さが約1.2mのACアダプターが付属する。

(中野 信二)