ニュース

人数に応じて首振り角度を自動調節する人感センサー付DCモーター扇風機

 アイリスオーヤマは、赤外線センサーで人の居る場所を感知するDCモーター扇風機「人感首ふり扇風 LFDJ-301K」を4月30日に発売する。価格はオープンプライスで、参考価格は18,000円(税抜)。

LFDJ−301K
羽根の下に人感センサーを備えている

 ガードの下に搭載した赤外線センサーで人を検知し、左右への首振り角度を自動調整する5枚羽根の扇風機。約25度〜85度の間で首振り角度を自動調整する。状況に応じてレベル1(低い)〜レベル3(高い)までセンサーの感度を調整できる。

人の数と場所を認識し、それに合わせて首を振る

 運転モードは、事前に設定した風量を基準として変化をつけながら風を送る「リズム風」モードや、時間の経過とともに風量を減少させ最終的に微風(最低)にする「おやすみ風」モード、さらに非常に弱い風を連続して送る「超微風」モードを備える。室温や状況に合わせてダイヤルで無段階に風量を調整することもできる。

 また、モーター音が静かなDCモーターを採用。消費電力は最大28W。1日8時間、弱で運転した場合の1カ月の電気代が約147円で済むという。

 本体サイズは約350×345×830〜1,030mm(幅×奥行き×高さ)。本体重量は約4.2kg。手動時の首振り角度は左右に45、60、85度の3段階、上に20度、下に10度。カラーはホワイト。リモコンが付属する。

(中野 信二)