ニュース

ふとんクリーナー「レイコップ」が国内で100万台超を販売

レイコップRS

 レイコップ・ジャパンは、ふとんクリーナー「レイコップ」の国内における累計販売台数が、1月末に100万台を突破したと発表した。

 レイコップは、世界24カ国で合計250万台以上を販売しているふとんクリーナー。日本では2012年の2月から販売が開始された。

 100万台の突破について同社は、湿度が高くなる梅雨や花粉シーズンに加え、黄砂やPM2.5といった大気汚染の影響もあり、布団を外に干しづらくなってきているためとしている。

 なお同社は、布団をクリーニングする習慣を根付かせるために、2月10日を「ふとんをクリーニングする日」にすることを一般社団法人日本記念日協会に申請し、1月24日に記念日として登録された。

(中野 信二)