ニュース

TOTOの「携帯ウォシュレット」が累計出荷台数50万台を突破

最新型の携帯ウォシュレット「YEW350」

 TOTOは、同社の持ち運びできるおしり洗浄器「携帯ウォシュレット」の累計出荷台数が、3月末で50万台を突破したと発表した。

 携帯ウォシュレットは、旅行先でもウォシュレットを使いたいというニーズに合わせて、1995年に「トラベルウォシュレット」として発売された。その後、旅行用だけではなく、赤ちゃんのおしりケアや、海外旅行社へのおみやげなどにニーズが広がり、出荷台数を伸ばした。2011年には、停電時でも使えるウォシュレットとしても注目され「携帯ウォシュレット」に製品名を改めている。

 出荷台数は、1997年に10万台を突破後、2002年に20万台、2007年に30万台と、5年で10万台のペースで出荷された。近年は、出荷ペースが上がり、2010年に40万台、2013年に50万台と、3年で10万台の勢いとなっている。

 最新型の携帯ウォシュレット「YEW350」では、洗浄の強弱切り換えや、スライド式の折りたたみ機能などを装備しており、単三乾電池1本で動作する。希望小売価格は11,000円。

携帯ウォシュレット出荷台数推移グラフ

(伊達 浩二)