ニュース

タカラトミーアーツ、グラスに注いだビールの泡を立たせる「ソニックアワー」

「ソニックアワー」で泡を立たせたビール

 タカラトミーアーツは、グラスに注いだビールの泡を立てる「ソニックアワー」を、4月25日に発売する。希望小売価格は3,990円。

 家庭で“極上の泡”を作ることを目的としたビール用のグッズ。使用方法は、本体上部のトレイ部に水を張り、その上に泡が立たないようにビールを注いだグラスを置く。その後、本体正面のボタン「ソニックタッチスイッチ」に触れると、グラス底面に超音波の振動が加わり、ビールに泡が立つ。

 グラスは専用のグラスではなく、市販のものが利用可能。同社では、通常のやり方でビールを注ぐよりも、よりクリーミーで滑らかな泡を発生するとしている。

本体。トレーの上にグラスを立たせる
グラスを載せるまえに、少量の水をトレーに注ぐ
水を注ぐことで、超音波振動が底面に加えられる
グラスにビールを注ぐ。この時、泡を立てないよう、グラスを傾けて注ぐのがポイント
本体のボタンを押し、泡を立てるところ
泡は何度でも立てられる。立てすぎると炭酸が抜ける点には注意
見事にビールの泡が立った。写真はノンアルコールビールだが、ビール系飲料全般に使用できる
泡の口当たりはクリーミーで美味しい

 また、8色に光るLEDライトも搭載。ソニックタッチスイッチの脇にあるボタンを押して点灯する。その日の気分や食事のメニューなど、使用シーンに合わせて色が変えられるという。

 本体サイズは125×135×40mm(幅×奥行き×高さ)。電源は別売りの単三形アルカリ乾電池6個。本体カラーはブラックとホワイトが用意される。対象年齢は20歳以上。使用できるビールは缶ビール、瓶ビール、新ジャンル、発泡酒、ノンアルコールビールなどビール全般。

 なお本製品は、同社が展開する、家庭でおいしいビールを楽しむためのグッズ「ビールアワー」シリーズの第3弾となる製品。これまでに、缶ビールをビールサーバーのように注ぐ「ビールアワー」、ワンプッシュでビールの泡を立てるジョッキ「ジョッキアワー」の2製品を出している。

8色に切り替えられるLEDも備える
写真は、缶ビールをビールサーバーのように注ぐ「ビールアワー」

(正藤 慶一)