記事検索
最新ニュース

ダイキン、空気中にイオンを放出する加湿空気清浄機

〜「光速ストリーマ」とダブルで除菌・脱臭

 ダイキン工業は、空気中に浮遊する菌やニオイを抑制するイオンを放出する加湿空気清浄機「うるおい光クリエール MCK70N」を、9月15日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は54,000円前後。

うるおい光クリエール MCK70N-W ホワイト系 MCK70N-T ブラウン系
うるおい光クリエールの空気清浄機能一覧

 同社の空気清浄機で最上位モデルに当たる製品で、従来モデルに引き続き、同社独自の除菌・脱臭技術「光速ストリーマ」を搭載している。同技術は、本体内部に菌やウイルス、アレル物質など有害物質を除去する活性種を生成し、吸い込んだ空気をキレイにする点が特徴となる。

 新製品では、室内に飛び出して空気をキレイにする「アクティブプラズマイオン」というイオン放出機能を新たに搭載した。空気中に浮遊するカビ菌やアレル物質だけでなく、ニオイ、カーテンやソファーなどの布にしみ付いた付着臭や付着菌も抑制できるという。

 同社では、光速ストリーマとアクティブプラズマイオンの“ダブル方式”で本体内外の清浄能力を高めることで、多様化するユーザーの空気清浄ニーズに応えるとしている。

従来から搭載されている、光速ストリーマの効果 アクティブプラズマイオンによる除菌・脱臭効果

 また、風量を弱めて節電しながら自動運転する「eco節電モード」に、新たに「みはり運転モード」を追加した。このモードでは定期的にファンを運転し、ホコリセンサーとニオイセンサーで部屋の状態を監視することで、空気がキレイな状態では、運転を自動でストップする。風量が控えめなため、就寝時の利用にもお勧めという。

 さらに、加湿の設定機能が、従来の1段階「自動(約50%)」から、「高め(約60%)」「標準(約50%)」「ひかえめ(約40%)」の3段階に広がった。

 このほか、電気で汚れをキャッチする「新・電気集塵方式」、加湿トレーの水や加湿フィルターをを光速ストリーマで除菌する「水除菌・加湿フィルター除菌」などの機能も、従来から引き続いて搭載する。

 MCK70Nの本体サイズは620×395×287mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は12.5kg。消費電力は8〜73W、運転音は18〜54dB。1時間当たりの加湿能力は630ml。適用床面積は空気清浄で31畳、空気清浄と加湿運転で18畳(プレハブの場合。木造は11畳)。1分当たりの最大風量は7立方m/分。本体カラーはホワイト系とブラウン系の2色が用意される。

新たに「みはり運転モード」を搭載。空気がキレイになると、運転がストップする
加湿設定は「高め」「標準」「控えめ」の3通りから選べるようになった(写真の青い点線部分)

 下位機種として、ダブル方式を採用し、空気清浄時の適用床面積が25畳の「MCK55N」、19畳の「MCK40N」も、同時に発売する。価格はいずれもオープンプライスで、店頭予想価格は順に43,000円前後、38,000円前後。

MCK55N-W ホワイト系 MCK55N-T ブラウン系 MCK55N-P ピンク系

【製品ラインナップ】

品番 MCK70N MCK55N MCK40N
最大風量 7立方m/分 5.5立方m/分 4立方m/分
適用床面積
(加湿+
空気清浄)
空気清浄単独 31畳
(51平方m)
25畳
(41平方m)
19畳
(31平方m)
加湿+
空気清浄
プレハブ18畳
(29平方m)
木造11畳
(18平方m)
プレハブ14畳
(23平方m)
木造8.5畳
(14平方m)
プレハブ11畳
(18平方m)
木造7畳
(11平方m)
消費電力 8〜75W 7〜58W 7〜33W
運転音 18〜54dB 19〜53dB 19〜49dB
加湿能力 毎時630ml 毎時500ml 毎時400ml
光速ストリーマ
アクティブプラズマイオン
3段階の加湿設定 -
花粉モード
のど・はだモード
-
電気集塵方式 - -
みはり運転 - -
入・切タイマー - -
本体サイズ
(幅×奥行き×高さ)
395×287×620
mm
374×270×590
mm
製品重量 12.5kg 11kg
本体カラー ホワイト系
ブラウン系
ホワイト系
ブラウン系
ピンク系
ホワイト系
店頭予想価格 54,000円前後 43,000円前後 38,000円前後






(正藤 慶一)

2012年7月17日 15:58