記事検索
最新ニュース

大作商事、単三電池を単一として使うスペーサー「単一のつもり」

〜単三は1個でも2個でも可
単一のつもり

 大作商事は、単三型電池を単一型電池として使うスペーサー「単一のつもり」を発売する。現在、同社ネットショップで受注を受け付けて開始しており、8月1日より商品を発送するという。価格はオープンプライスで、直販価格は2パック(計4個)セットで546円。

 単三型電池を、単一型電池のサイズに変換する電池スペーサー。スペーサーには単三電池が最大2個まで投入でき、1個でも2個でも使用できる。また、エネループ、充電式エボルタなどの充電池にも対応する。

 安全面では、電池のプラスとマイナスを逆に入れた場合のショートや、電池の出し入れによる金属端子の変形を防止する設計となっている。また、本体のマイナス端子部は、“接触面が狭くて使えない”といったケースを防ぐため、幅の広い金具を使用している。

 本体サイズは33×60mm(直径×高さ)で、重量は約20g。本体カラーはエコグリーン。対応する電池のサイズは、直径が13.5o〜14.5mm、長さが49.2o〜50.5mm。

 同社では、単一型電池の問題点として、緊急時に入手困難になる点、値段が割高、長時間の備蓄をすると自然放電で使えない点、充電タイプがほとんど流通していない点を指摘。そのうえで、「単一のつもり」を常備しておけば、これらの問題を解決し、非常時にも安心としている。

1つのパッケージに2個同梱されている 電池は1個でも使用できる 2個まで投入可
 
内部の金具は変形を防止する仕様になっている プラス極 マイナス極は面積が広い
電池式の扇風機に使用しているところ 懐中電灯に使用しているところ






(正藤 慶一)

2011年7月29日 15:17