記事検索
最新ニュース

LIXIL、太陽光発電システム搭載のカーポート「Solael(ソラエル)」

太陽光発電システム搭載のカーポート「Solael」

 LIXIL(リクシル)は、太陽光発電システム搭載のカーポート「Solael(ソラエル)」シリーズ2機種を8月1日より発売する。価格は、1台用のカーポート、太陽光発電パネル9枚、太陽光発電システム機器などがセットで、1,969,800円から。

 太陽光発電パネルを搭載したカーポート。同社によると、電力不足の長期化により、戸建て住宅の省エネ化は重要な課題となっており、太陽光発電システムの設置は今後さらなる需要拡大が見込まれるという。そこで、LIXILでは、太陽光発電パネルの設置場所として、車を雨から守るカーポートを提案。住宅より屋根よりも低いため、施工やメンテナンスが楽に行なえるという。

 また、屋根の形状や強度によっては住宅の屋根に太陽光発電パネルを設置できないといった問題も解決できるとしている。本体で発電した電気は自宅で日常的に使用できるほか、停電時の非常用電源としても利用可能。余剰電力を電力会社に売ることもできるほか、国や都道府県などで実施している住宅用太陽光発電システムの補助金を得ることもできる。

 使い勝手の面では、発電効率をあげるために、傾斜角10度の専用架台を採用。角度を付けることで、太陽光を受けやすく、雨天時は雨がパネルを流れるため、汚れが付きにくいという。傾斜方向は、現場環境に合わせて左右前後から選んで設置できる。

太陽光パネルは傾斜角10℃の専用架台を使って設置する パネルの傾斜方向は設置場所に応じて選択できる

 本体の太陽光発電はLIXILエナジーが作った発電効率の高い「単結晶セル」を採用。パネルの枚数は1台用カーポートの場合6〜16枚、2台用カーポートの場合18〜24枚まで選択可能。

 なお、垂直積雪量45cmを超え得る多雪地帯や、日射量不足の場所には設置できない。





(阿部 夏子)

2011年7月4日 15:10