記事検索
最新ニュース

タニタ、荷物や宅配物も量れる“市場最小クラス”ヘルスメーター

 タニタは、小型で軽量のヘルスメーター「スモールスケール HD-386」を、10月1日に発売する。希望小売価格は5,250円。

スモールスケール HD-386 カラーはパールホワイト/ブラック/レッド/オレンジ/グリーンの5色

 軽量化・コンパクト化をコンセプトに開発された体重計。本体サイズは190×135×24mm(幅×奥行き×高さ)と、A5サイズよりも面積が小さく、また重さも512gと軽量となっている。同社ではサイズと重さについて“市場最小クラス”としている。

 本体には持ち運び要のソフトケースが付いており、旅行や出張先に携帯することで、飛行機に預けるスーツケースの軽量などに使用できるという。また、本棚など手の届く範囲に収納することで、宅配荷物や果実酒づくりといった、身の回りのさまざまな軽量ニーズにも利用できるという。

 測定範囲は1kg〜150kg。表示は1〜100kgまでが100g単位、100kg以上は200g単位となる。液晶のサイズは98×60mm(横×縦)。外装には強化ガラスを採用する。カラーはパールホワイト/ブラック/レッド/オレンジ/グリーンの5色が用意される。





(正藤 慶一)

2010年9月30日 14:44