記事検索
最新ニュース

トライテラス、両面発光の導光板が輝く“デザイン系”LED照明
「スマートシャンデリア」

 トライテラスは、光源に導光板を採用した“世界初”のLED照明「SMART CHANDELIER(スマートシャンデリア)」を、9月1日に発売する。希望小売価格はすべて5,000円。

トライテラスのLED照明「スマートシャンデリア」と、CMキャラクターの中川翔子さん スマートシャンデリア「CUSTOM」 暗いところで点灯したようす

“世界初”導光板を採用したLED照明

トライテラスの独自技術「両面発光導光板」を採用している

 E26口金、またはE17口金に取り付けられるLED照明で、両面が発光する透明の導光板(アクリル板)を採用することで、照明のデザイン性を高めた点が特徴。導光板には、同社の特許技術である「超音波エンボス加工」が施されており、口金部から放たれるLEDの光が、導光板のエンボス(浮き彫り)に当たることで、透明な光の粒が集合しているような形状が特徴となる。

 また、LEDの光は、“両面発光”により導光板の両方に放たれるため、LED電球のような直線的な光ではなく、周囲に広がるやわらかい光を放つ仕様となっている。そのため、天井面にも光が反射するという。

 スマートシャンデリアには、それぞれ導光板の形状が異なる4シリーズが用意されておいる。「LONG/V」は導光板の先端がV字にカットされたもので、「LONG/F」はフラット形状となっている。「MIDDLE/F」は、先端がフラットだが、高さはLONG/Fよりも約20mm低い。「CUSTOM」は、中央の導光板に希望のデザインを入れられる点が特徴となる(範囲は26×26の整列ドット)。全タイプに、昼白色相当と電球色相当の光色、口金部のカラーは白と黒が用意されている。LONG/Vのラインナップの詳細は以下の表の通り。

【スマートシャンデリア 「LONG/V」のラインナップ】
型番
光色 色温度 サイズ 重量 消費
電力
寿命 全光束 照度
(1m直下)
TSC3LAL26-3W E26 電球色相当 3,000K 163.5×54.5
mm
167g 3.1W 40,000
時間
150lm 48lx
TSC3NAL26-3W 昼白色相当 5,500K 155lm 50lx
TSC3LAL17-3W E17 電球色相当 3,000K 156.5×54.5
mm
161g 150lm 48lx
TSC3NAL17-3W 昼白色相当 5,500K 155lm 50lx

全4シリーズが展開される。写真は導光板の先端がV字にカットされた「LONG/V」 LONG/Vよりも背が低く、先端がフラットな「MIDDLE/F」 高さはLONG/Vと同じだが、こちらも先端がフラットな「LONG/F」
中央の導光板に、ドットでイラストが描ける「CUSTOM」。写真ではトライテラスのロゴがプリントされている 光色は昼白色と電球色(写真)がある。口金もE17とE26がある。 消灯時
LONG/Fのアップ写真。エンボスにより光の粒の集合体のように見える 導光板の付け根部分。LEDは、本体内部から上に向けて光を放っている

 消費電力はE26。E17口金いずれも3.1W。LOVG/Vの電球色の場合、白熱電球40W形と同等の明るさを備えているという(高さ1mの場合)。


“照明をデザインで選ぶ”という自由を提案したい


トライテラスの坂本光秀 代表取締役

 トライテラスの坂本光秀代表取締役は、スマートシャンデリアの独特な形状について「電球や蛍光灯や白熱電球は、当たり前に存在するが故にデザイン性に乏しく、“目に見えないところに隠す”ことが一般的だった。しかしスマートシャンデリアは、光源自体を見て楽しむ“デザインされた照明”。これまでの照明の枠にとらわれない形状とし、“照明をデザインで選ぶ”という自由を提案したい」と説明した。

 販売チャネルについては、「価格競争とは異なる競争軸で選ばれるブランド」(坂本代表取締役)として、当初は量販店では販売せず、特約販売店や直販ページからのみの販売となる予定。また、9月にはE26口金のLED電球とハロゲン代替用のLEDランプを導入する予定という。

 なお、トライテラスの導光板は、空港や駅、ショッピングセンターの案内板として導入されているケースが多い。スマートシャンデリアも発売に先駆けて、中部国際空港内の免税店にて使用されている。

トライテラスの導光板は、空港や駅などの案内板に使用されることが多い スマートシャンデリアは現在、中部国際空港の免税店にて実際に使用されている

“近未来のビルみたい”、“LEDにもこんな可能性があるのか”


デザイナーの神原秀夫氏。スマートシャンデリア用の灯具のデザインを務めた

 会場では、スマートシャンデリアを光源とするオリジナルの灯具が展示された。灯具のデザインを務めたデザイナーの神原秀夫氏は「普通のLED電球は、白熱電球のサイズ感に近づける方向で開発されたものがほとんどですが、スマートシャンデリアはまったく違う方向性で開発されている。LED電球にもこんなにデザインの可能性があるのかというのを、改めて思い知らされました」と、スマートシャンデリアを評価した。なお、灯具は12月に発売される予定。



スマートシャンデリア向けに、神原氏がデザインした灯具。12月に発売される予定という

 発表会には、スマートシャンデリアのテレビCMに出演する、タレントの“しょこたん”こと中川翔子さんが登場。中川さんはスマートシャンデリアの第一印象について「初めて見た時には『近未来の世界に入り込んでしまったのか』と思うくらいに、未来のビルのような斬新なデザインに見とれてしまいました。電球は普通なら隠れているのに、スマートシャンデリアは“見せていこう”というところに感心しました。明るいのに目が痛くならないのにもびっくり」と絶賛。「光がきれいなだけでなく、写真映りも実物の何倍も良くなるので、ブログの更新回数も増えそうです」と、ブログへの登場も明言した。

会場には、スマートシャンデリアのテレビCMに出演する“しょこたん”こと中川翔子さんが登場 CMではスマートシャンデリアをツノに見立てるシーンがあるが、スタッフに“可愛いじゃないですか”と誉められ「ギザ照れました」 テレビCMは9月1日から放映される




(正藤 慶一)

2010年8月27日 16:25