記事検索
最新ニュース

象印、水タンクが一体になった“ポット型”スチーム式加湿器

左から加湿能力350mlの「EE-RA35」、加湿能力480mlの「EE-RA50」

 象印は、水タンクが一体になった“ポット型”スチーム式加湿器「EE-RA50」「EE-RA35」の2機種を9月1日より発売する。希望小売価格は1時間あたりの定格加湿量が480mlの「EE-RA50」が21,000円、350mlの「EE-RA35」が19,950円。

 電気ポットのように、本体自体が給水タンクとなっており、本体に貯めた水を沸かすことにより加湿するスチーム式加湿器。今回のリニューアルでは、外観デザインを円筒形に変更した。

 運転モードでは、湿度センサーと温度センサーで喉に最適な状態を保つ「のどバリア」モードを搭載するほか、本体には部屋の状態を「乾燥」「適湿」「高湿」で表示する「湿度モニター」を備える。

 また、熱湯を扱う器具となるため安全機能には配慮した。本体には、本体が転倒してもフタが簡単に開かない機構を採用した「ふた開閉ロック」、キーを3秒長押しすると電源オフ以外の操作が無効になる「チャイルドロック機能」、本体が転倒した際、湯漏れを最小限に抑える「転倒湯漏れ防止」機能の3つを備える。

 EE-RA50の本体サイズは240×260×315mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は約2.3kg。最大消費電力は985W。強運転の際の連続加湿時間は6時間。吹き出し口の温度は約65℃。

EE-QA30

 下位機種として、のどバリアモード、湿度モニター、タイマー運転などを省略した「EE-QA30」も同時発売する。希望小売価格は15,750円。1時間当たりの定格加湿能力は300ml。






(阿部 夏子)

2009年8月18日 15:56

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.