やじうまミニレビュー

サラダ作りを手軽に! ザクザク野菜が切れる「サラダバサミ」

やじうまミニレビューは、生活雑貨やちょっとした便利なグッズなど幅広いジャンルの製品を紹介するコーナーです
OXO「サラダバサミ」

 ニューヨークで定番のチョップドサラダをご存知ですか? すべての具材を同じくらいの大きさに切ったサラダのことで、スプーンでも食べやすく、野菜がたくさん摂れると人気です。

 ジャーサラダの次に、ブームが来るサラダとして密かに注目が集まっていますが、今回ご紹介するのはそのチョップドサラダを簡単に作れる「サラダバサミ」です。

メーカー名 OXO
製品名 サラダバサミ
購入場所 Amazon.co.jp
購入価格 2,903円

 サラダバサミの本体サイズは、230×70×20mm(幅×奥行き×高さ)で、重さは167g。握ってみると、バネの力がなかなか強そうです。

 持ち手の部分にロック機構があるので、子供のいる家庭でも安心して使えます。ロックした状態では、サラダを混ぜることもできるので洗い物も減らせます。

本体
バネの力はなかなか強そうです
ロックをかけた状態。このままサラダを混ぜることもできます
ロックを外した状態

 今回用意した材料はレタス、パプリカ、貝割れ大根、トマト、きゅうり、蒸し鶏の6種類。野菜はまず包丁で大きくざく切りにし、ボウルに入れてサラダバサミで切っていきます。

 サラダバサミはボウルの中などで直接使えるように下向き仕様になっていて、刃先も容器に傷がつきにくいよう曲線の形をしています。使ってみると、ザクザクと30回ほど切るだけでどんどん材料が細かくなっていき、包丁で同じ大きさに切るよりも遥かに簡単でした。

6種類のサラダ具材
包丁でざく切りにした後に、ボウルに入れます
ボウルの中でザクザク切っていく
容器を傷つけない丸い刀

手間なし、簡単に作ることができる

完成。このまま食卓にも出せる

 切れたらそのままドレッシングを入れ、刃をロックして閉じたサラダバサミで混ぜればできあがり。数分でチョップドサラダが完成しました。材料が細かいので少ないドレッシングでも味がよく馴染み、塩分や油分を控えたい方にもピッタリです。

 今回はトマトやキュウリを切るためにまな板と包丁を使いましたが、トマトはミニトマトに変え、キュウリはワイルドに素手で折ればそれさえ必要なくなります。

 なお、バネの力が強いので、大量に切ろうとすると手が疲れてしまう点はご注意です。

 1人の食事では包丁を使うのが面倒で、つい野菜不足になりがち。しかし、このサラダバサミを使えば、手軽にたくさんの野菜を摂ることができるので、健康は気になるけど面倒くさがりな方にぜひおすすめしたい商品です。

(川端 衣里)

Amazonで購入