やじうまミニレビュー

iPhoneやAndroidスマホを充電できるアーミーナイフ型ケーブル

やじうまミニレビューは、生活雑貨やちょっとした便利なグッズなど幅広いジャンルの製品を紹介するコーナーです
スペックコンピュータ「アーミーナイフ型Lightningケーブル」

 スマートフォンやタブレット、ポータブルオーディオなど、持ち運ぶデジタルグッズは増えていく一方だ。それらに不可欠なのが充電ケーブルである。

 たとえば筆者は、Lightingケーブルを使用するiPhoneと、Micro-USB端子を搭載したAndoridスマートフォンを同時に持ち歩く機会が多いが、いちいち別のケーブルを持ち運ぶのはかなり面倒だ。

 今回紹介するスペックコンピュータの「アーミーナイフ型Lightningケーブル」は、そんな悩みを解決してくれるグッズだ。

メーカー名 スペックコンピュータ
製品名 アーミーナイフ型Lightningケーブル
購入場所 Amazon.co.jp
購入価格 1,528円

 このケーブルは、Lightning端子とDock端子(30ピン)、Micro-USB端子、USB端子の4つのコネクターを搭載した製品で、PCやモバイルバッテリーの出力端子にUSB端子を接続することにより、Lightning、Dock、Micro-USBの3種類の入力端子を備えたデバイスを充電できる。

 しかも、アーミーナイフのようにコンパクトに各ケーブルアームを収納することが可能で、かさばらずどこにでも持ち運べる。サイズは約25×20×94mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約36gとコンパクトだ。

パッケージ
多機能ナイフのようなデザイン
片側にはUSB端子とLightning端子を収納
もう片側にはDock端子とMicro-USB端子を収納

 ケーブルアームには小さな取っ手が付いており、ここに爪を引っ掛けて簡単に引き出せる。ケーブルアームの素材には、ゴムとプラスチックの中間的な材料である熱可塑性エラストマー(TPE)を採用している。

 この素材は断線に強く、デバイスを接続したまま捻っても大丈夫だ。ケーブルアームの長さは短めだが、ケーブルアームがフレキシブルなので不自由はあまり感じない。

ケーブルアームは簡単に引き出せる
すべてのケーブルアームを引き出した状態
Lightning端子は充電専用
捻っても問題なく充電できるケーブルアーム

 USB端子を、PCやモバイルバッテリーのUSBポートに接続すると、通電を知らせる小さなLEDランプが点灯する。この状態でLightning、Dock、Micro-USBのいずれかのコネクタを機器に接続すれば充電が開始される。

 実際に、LightningでiPhone 5sを、DockコネクタでiPhone 4Sを、Micro-USBでNexus 5を充電してみたが、いずれも問題なく充電できた。

 ただし、複数機器の同時充電はできない。また、データ転送にも対応していない。

LEDランプで通電を確認できる
iPhone 5sをLightning端子で充電
Nexus 5をMicro-USB端子で充電

 なお、出力は1Aを推奨しており、これ以外の出力に対応したACアダプターを使用すると、充電できない場合や高温になる場合があると記載されている。また、iPad/iPad miniやタブレット端末の充電には対応していないので要注意だ。スマートフォンやポータブルオーディオなどの小型機器専用と考えたほうがいいだろう。

 タブレットに使えないのは残念だが、それでもLightningケーブルとMicro-USBケーブルとして使えるのはかなり重宝する。外出時のために、スマホの充電ケーブルを買おうと考えている人には注目のケーブルと言えるだろう。

(片岡 義明)