やじうまミニレビュー

5ポートで最大8Aまで充電できるUSB-ACアダプター

やじうまミニレビューは、生活雑貨やちょっとした便利なグッズなど幅広いジャンルの製品を紹介するコーナーです

増えるUSB充電機器

アンカー・ジャパン「40W 5-Port USB Wall Charger」

 今回はアンカー・ジャパンのUSB-ACアダプター「40W 5-Port USB Wall Charger」を紹介する。最大5台、合計8Aの機器を同時に充電できる強力な充電器だ。

 スマホやタブレット、デジカメなどUSB経由で充電する機器は増え続けている。これにUSB扇風機や、外出時に持ち歩くモバイルバッテリーまで含めると、USBのコネクタはいくつあっても足りない。

 アンカーの5個口USB-ACアダプターならば、使用するACコンセントは1つだけだし、机の上もスッキリするというわけだ。

メーカー名 アンカー・ジャパン
製品名 40W 5-Port USB Wall Charger
購入場所 Amazon.co.jp
購入価格 2,599円

カードサイズの本体

 Amazonから届いた箱は、思っていたよりもずっと小さかった。箱から出てきたACアダプター本体はもっと小さくて、面積はクレジットカードよりちょっと大きいぐらいだ。

シンプルなパッケージ
USB-ACアダプター本体、ケーブル、取扱説明書、緊急連絡先が書かれたカードが入っている
クレジットカードサイズのカードとの大きさ比較。カードより一回り大きいぐらいだ
5つのUSB端子が並ぶ。入力電圧はAC100〜240Vまで対応しており、海外でも使える
iPad用とiPhone用ACアダプターとの大きさ比較
重さはケーブル込みで220g、単体なら152gだ

 さすがに厚みはあるが、本体サイズは91×58×26mm(幅×奥行き×高さ)に収まっている。2.5インチHDDを使った外付けハードディスクぐらいの大きさを想像していたので、この小ささには驚いた。

 逆に付属の電源コードはとても長い。壁面のコンセントを使う場合は、このケーブルで良いが、卓上のテーブルタップから給電する場合は短いケーブルを用意した方が良いだろう。ACアダプター本体のコネクタは、よくあるメガネタイプなので、パソコン用の周辺機器として販売されている短いケーブルを利用すれば良い。数百円ぐらいで買えるはずだ。

電源コードのコネクタが浮いているように見えるが、これでいっぱい。コネクタはメガネタイプなので、短いケーブルなどに換えることもできる

 重量は、USB-ACアダプター単体で152g、電源コード込みで220gだ。iPad 2付属の10W USB-ACアダプターが66g、iPhone用が23gだから、何個ものUSB-ACアダプターを持ち歩くことを考えれば、これ1台だけ持ち歩くようにしても良いだろう。

 なお、取扱説明書は、各国語対応の小さなもので、日本語部分は5ページだった。それでも必要な情報はわかるし、サポートセンターのメールアドレスと電話番号も明記されているので、海外メーカーの製品というハンディは感じない。

どこに挿しても良いのでラクチン

左上から、モバイルバッテリー、iPhone、iPad mini、iPad 2、PHS電話機を同時に充電中

 本体に5つあるUSB端子は、どれも同じ仕様だ。他のメーカーのUSB-ACアダプターでは、高い電圧を必要とする機器は、専用のUSB端子が用意されていることが多いが、本機では、そういうことを考慮する必要がない。細かいことを考えずに、空いているポートにケーブルを挿せば良いので、とても使いやすい。

 これはアンカーの「PowerIQ」という技術によるもので、USB機器とインテリジェントに交信することで、その機器に最適な電気を供給するのだという。たとえば、2Aを必要とするiPadでも、どのUSBポートに充電ケーブルを挿しても問題なく充電できる。

 たとえば、iPad 2/iPad mini(初代)/iPhone/PHS/モバイルバッテリーを、5つの差し込み口全部に接続しても、問題なく充電できる。iPad 2とiPad miniは、空の状態にして充電時間も測ってみたが、2台同時に充電しても、純正の10W USB電源アダプターと同じぐらいの時間で充電できた。なんせ、上限が40Wなので、10W×2ぐらいは余裕でこなすようだ。

コレ1台あればUSB充電機器のことは大丈夫

 私の机の上では、Dockコネクタ用、Lightning用、Mini USB用、Micro USB用の4本のケーブルを挿しっぱなしにして、1口だけ空けて使っている。5口もUSBがあると、各機器のUSBケーブルを差しっぱなしにしておけるので、ケーブルを探したり差し替えたりする手間がなくなって、とても便利だ。

 USB充電機器を3台以上持っている人は、このUSB-ACアダプターを使うことで、だいぶ面倒が少なくなるはずだ。強くおすすめしたい。

(伊達 浩二)