やじうまミニレビュー

MONOクリエーション「DOGGY Key Finder」

〜鍵のありかを鳴き声とLEDで知らせる犬型キーホルダー

やじうまミニレビューは、生活雑貨やちょっとした便利なグッズなど幅広いジャンルの製品を紹介するコーナーです
MONOクリエーション「DOGGY Key Finder」

 鍵は大事なものだけど、小さくて薄いため、失くしてしまいやすい。定位置を決めて必ずその場所に置いておいたハズが、いつの間にやら見当たらなくなっている。子供の頃からいくつも鍵を無くしており、その度に困っているのだが、結局コレといった対策が見当たらない。

 そこで今回は、無くした鍵を見つけやすくするグッズを紹介しよう。MONOクリーエションの「DOGGY Key Finder」だ。

メーカー MONOクリエーション
製品名 DOGGY Key Finder 130001RE
購入場所 Amazon.co.jp
購入価格 1,050円

 DOGGY Key Finderは、簡単に言えば犬型のキーホルダー。本体サイズが60×25×50mm(幅×奥行き×高さ)、重要は約23gと軽量・コンパクトで、首輪のようなゴムひもに鍵を通すことで、キーホルダーとして利用できる。

 また、鼻先がLEDになっており、本体上部の耳のようなスイッチを押すことで、鍵穴を確認するなど、ちょっとした手元灯として使える。今回は赤の本体カラーを選択したため、光色も赤かったが、ほかの本体カラーでは、白色や青色のLEDが搭載されているものもある。

本体にははじめから「首輪」がついている。ゴムのため伸縮する
耳のようなスイッチを押すことで、“鼻”のLEDが光る

 しかし何と言っても、本製品のメイン機能は「Key Finder」という名の通り、鍵のありかを教えてくれる機能だ。手を2回以上叩くと、本体内の音センサーが反応し、DOGGY Key Finder本体から「ワンワン」という鳴き声がして、場所を教えてくれる。自ら場所を発信してくれるのであれば、探す手間が省けるというわけだ。

 ちなみに、電源にはボタン電池のLR44を3個使用する。購入時に既に本体に入っているため、購入したり入れる作業は必要ない。また、電池ケースはフタがネジでしっかり固定されているため、誤ってフタが開いてしまうこともない。

鍵をヒモに通したところ
電池は本体の中に最初から入っている。ネジでしっかり固定されているため、誤って開くことはない

 さっそく、その「ワンワン」機能を試してみた。センサーが反応するのは約50cmの範囲内とのことだが、実際には2mほど離れていても、ちゃんとワンワンと吠えてくれた。また、本体をコピー用紙の山の中に入れても、しっかりとワンワンという声が聞こえた。ゴミゴミした環境でも鍵のありかを教えてくれそうだ。

2回手を叩くと、ワンワンという音で鍵のありかを知らせてくれる。2mほど離れても反応してくれた
コピー用紙を積んだ山の中でも、ワンワンという声で知らせてくれる

 ワンワンと鳴いている最中は、鼻のLEDも点灯する。例え音が聞こえなくても、「何かピカピカしているな」という感じで、見た目でも場所を発信してくれる。

 ただし、残念なことがある。音センサーの反応が良すぎて、本体に当たった音でも反応してしまう点だ。例えばポケットに入れて走ったりすると、鍵が本体に“コツコツ”と当たり、その音でワンワンと吠えてしまう。これは明らかに無駄吠えだ。

尻尾は音センサーのON/OFF切り替えスイッチになっている

 そのため、普段は尻尾の部分にあるセンサーのスイッチをOFFにしてしまうことが多いが、これではせっかくの機能を持て余してしまうことになる。音の感度を鈍くすると反応範囲が狭くなりそうなので、手を3回、または4回叩くなど、発生条件をもう少し厳しくした方が良いかもしれない。

本体をコツコツと2回叩いても、その音でワンワンと反応する。ちょっとセンシティブすぎないか?

 また、“首輪”のゴムは結構太いのでので、通し穴が小さい場合は、取り付けが難しい。携帯電話のストラップにも向かないだろう。

 これまで鍵をいくつも無くしてきた私には、このKey Finder機能は非常に嬉しい。どことなくビーグル犬っぽい、かわいらしいデザインも気に入っている。今は家から持ち出す機会の少ない倉庫の鍵に取り付けているが、肝心のセンサー機能が改善されれば、家の玄関の鍵や自転車の鍵など、いろいろな鍵に取り付けられそうだ。

(正藤 慶一)

Amazonで購入