記事検索
バックナンバー
,

やじうまミニレビュー

三菱鉛筆「筆鉛筆」

〜芯の太さにびっくり! トメ、ハネが表現できる鉛筆
by 小林 樹


やじうまミニレビューは、生活雑貨やちょっとした便利なグッズなど幅広いジャンルの製品を紹介するコーナーです


三菱鉛筆「筆鉛筆」

 小学校の書道の時間、「のびのびとしたいい字を書くね」と先生に言われた。これは決して褒められているのではなく、半紙いっぱいに広がった字を評価しようがなかったのだろう。自分でも、字が上手くないことは薄々感づいてはいたが、社会人になってからは人前で字を書く機会も増え、このままではまずいと思うようになった。

 かといって、本格的に書道を習うのもちょっと…と思っていたところ、ちょうど良い硬筆書写用の鉛筆を見つけた。今回ご紹介する「筆鉛筆」は、名前だけ見ると、鉛筆なのか筆なのかよくわからないが、れっきとした鉛筆である。鉛筆の硬度は「10B」と極度に柔らかく、しかも芯が太いため、筆のような書き心地が味わえるという。これなら、ちょっとしたスペースで空き時間に手軽に書写の練習ができそうだ。

 さっそく、楽天市場で注文した。価格は、380円だった。

 


メーカー 三菱鉛筆
製品名 筆鉛筆
希望小売価格 420円
購入場所 楽天市場
購入価格 380円

 届いたのは、キンピカボディの鉛筆だった。三菱鉛筆というと、一般的に使われているあずき色の鉛筆、uniシリーズが思い浮かぶのだが、この筆鉛筆は雰囲気が違う。普通の鉛筆の4倍以上の価格だけあり、本体の装飾もどことなく高級感を匂わせている。

 パッケージによると、筆鉛筆の芯には高級粘土が使われ、折れにくく、黒くて濃い字が書けるのだそうだ。これによって、トメ、ハネ、ハライなどの硬筆書写の技法を鮮やかに表現できるという。

1本で400円する鉛筆というだけあって、パッケージもしっかりした紙でできている パッケージ裏には、筆鉛筆の特徴である濃さ、太さ、芯の強度の説明がされている
筆鉛筆の文字が刻み込まれている 芯はさすが10Bと思わせる太さだ

 これまで4B、6Bの鉛筆を使った経験はあるが、10Bの鉛筆を手にとったのは初めてだった。本体の太さや重さ、長さは普通の鉛筆となんら変わらないのに、芯だけが異様に太い。計ってみたら、なんと直径4mmもあった。これは普通の鉛筆の約2倍である。

 鉛筆削りで削ってみると、ニョキッと芯が現れる。普通の鉛筆と並べてみると、その太さがわかるだろう。

普通の鉛筆と同じ鉛筆削りで削れる 途中経過。芯の太さが際立っている 普通のHBの鉛筆と比べてみたところ

 実際にいくつか文字を書いてみる。芯が太いので、普通のHBの鉛筆よりも芯先がぶれずに安定した書き心地だ。すぐに、芯が斜めに磨耗してくるが、これで線の太さが出せるようになり、トメ、ハネ、ハライの部分を表現しやすくなった。さらに、芯が柔らかいので、力を入れると力を入れたぶんだけ濃く発色する。

 筆で書いた時のトメ、ハネ、ハライとは別物だと感じたが、普通のHBの鉛筆で書いたものに比べたら、やはり「筆鉛筆」というだけの事はあり、細部まで表現するには向いている。

筆鉛筆で書いたところ。上段から、トメ、ハネ、ハライ HBの鉛筆で、筆圧は強めで書いたところ
トメ ハネ ハライ
横書き。横書きだと縦書きよりも鉛筆を傾けるからか、線が太めになった 縦書き。上から読んでも下から読んでも筆鉛筆だと気づく 芯が柔らかいぶん、減りが早い

 ここで、漢字が沢山並ぶ般若心経の写経に挑戦してみた。筆鉛筆だと、筆や筆ペンで書くよりも小回りがきき、漢字の羅列が書きやすい。黒鉛の濃淡で、味わい深い仕上がりになった気がする。ただ、一行書くたびに芯先がかなり磨耗するので、鉛筆削りを頻繁に利用することになった。やはり芯が柔らかいと芯先が丸みを帯びるのも早いので、気になる人は脇に鉛筆削りを常備しておくと良いだろう。

ひたすら縦書きで漢字を書く 芯の減りは早い

 デッサンには使えるだろうか。下手の横好きで試してみたところ、これがなかなかうまくいった。木炭ほどとは言えないまでも、ぼかしもきくし、濃淡をつけやすい。芯先がすぐに丸みを帯びて太くなるのも、デッサンの線を引くにはちょうどいい塩梅だ。

芯の減りの早さや、芯先の丸みがデッサンにはちょうど良い ぼかしもきく 濃淡もはっきりつけられる
持ち歩くにはキャップが欠かせない 消しゴムで消えきらなかった

 このように濃く太い線を続けて書いていると、やはり黒鉛も多く出る。手が黒く汚れたり、紙が汚くなるのは、目をつむるしかないだろう。また、持ち歩きには、キャップは欠かせない。キャップをせずに筆箱に入れたら、筆箱の中が真っ黒になりそうだ。

 色々試しているうちに少し気になったのが、書いた字が消しゴムで消えきらないことだ。しっかりした筆圧で書いたからか、芯が濃いからか、ゴシゴシ消しゴムでこすっても、なんだかうっすらと書いた字の跡がみえる。

 筆鉛筆は普段使いというよりも、字を上達させたいときや、写経のように、一文字一文字、心を込めて書く時に使うための鉛筆といえそうだ。

 ちなみにこの筆鉛筆、三菱鉛筆のホームページには見当たらない。実は、地域限定のローカル文房具で、店頭では群馬県と埼玉県でしかお目にかかれないのだそうだ。県外からだと、インターネットで手に入れることが可能だ。

 一方、同じ三菱鉛筆から、デッサン向けを主として、『ハイユニアートセット』という鉛筆のシリーズが出ているそうだ。こちらにも10Bの鉛筆があり、全国の文具店、画材屋などで購入できる。機会を見て、使い比べてみたいと思う。

 


2010年 11月 11日   00:00