記事検索
バックナンバー

やじうまミニレビュー

貝印「ニュー足のツメキリ」

〜直線刃で固い爪も軽い力で切れる
by 川村 章


やじうまミニレビューは、生活雑貨やちょっとした便利なグッズなど幅広いジャンルの製品を紹介するコーナーです


貝印「ニュー足のツメキリ」

 「○○向け」という製品をよく見かける。シャンプーでいえば「硬い髪質向け」「柔らかい髪質向け」「普通の髪質向け」、化粧水でいえば「男性向け」「女性向け」「敏感肌向け」「乾燥肌向け」「Tゾーンが気になる方向け」「Uゾーンが気になる方向け」などなど。

 そういった製品を見かけるたびに「そのうち“右手用”“左手用”なんてのも出てくるんだろう」などと思っていたところに紹介されたのが「ニュー足のツメキリ」という製品。その名の通り、足の爪向けの爪切りだ。最初は「また○○用が出てきたぞ」などとその性能を疑っていた。


メーカー 貝印
製品名 ニュー足のツメキリ
希望小売価格 840円
購入場所 楽天市場内直販サイト
購入価格 840円


 足の爪を切ることを目的とした「ニュー足のツメキリ」は、刃が曲線を描いている通常の爪切りと異なり、直線の刃を採用している。刃先は斜めになっており、本体を手で握ってつま先に向けたとき、丁度足の爪に対して水平になるよう設計されている。

 グリップ部の樹脂には、柔らかいエラストマーを使用。テコ部分の下部をカバーしている樹脂は、切った爪の飛び散りを防ぐストッパーになっており、取り外し可能だ。また、テコ部分の上部には、ステンレススチール製のやすりが備えられている。

普通の爪切りに比べ、大きいサイズだ。グリップ部は幅広になっており握りやすい テコ下部のは爪のストッパーとなっている。多少強めに力を入れて外す必要がある 刃部分は水平
刃先が足の爪に向かって垂直になっており、切りやすい。テコの部分が大きく開いているためか、知人の談では、いつもは固く切りにくい爪が軽く切れたという

 実際に製品を試してみると、これが意外にも、かなり使い勝手が良い。爪切りとしては文句のない製品といえる。

 「ニュー足のツメキリ」は、爪切りとしては大きく(実測で9.7cm長、テコを開いた状態で6.3cm高)、ちょうど手にすっぽり収まるサイズ。テコの部分も一般的な爪切りと比べ大きく開いているが、これはグリップ部が幅広に設計されていることもあり、握りやすいサイズだ。知人にも試してもらったところ、テコ部分が大きく開いているために力が入れやすく、固い爪でも軽く切れると喜んでいた。

 


実際の足の爪を切っているところ

「ニュー足のツメキリ」を使ってツメを切った場合 普通の爪切りで切った場合

 グリップ部の樹脂は、普通の爪切りのような金属の冷たさや硬さがなく、ストレスなく握り続けられる。また、しばらく握っていても滑りにくいと感じた。

 直線の刃は、刃先に均等に力がかけられるようで、刃先が曲線の爪切りにみられるように、曲線の刃の端部分の爪が切れづらいということがなかった。また、水平に足の爪を切るため、過度な深爪を防ぐこともできる。

 良いところばかり挙げてしまったが、気になることもある。ストッパーがしっかりと装着されているため、少し強く力を入れないと引き抜けない点だ。最初は引き抜くときに力を入れすぎ、溜まった爪を飛び散らせてしまった。しかしこれは、本体を上向きに引き抜けば済む問題といえる。

 ほかに挙げるとすれば、爪切りとしては価格がやや高いことだろうか。100円ショップでも色々な爪切りが売られていることを考えると希望小売価格の840円というのは、少々高くも感じる。ただ、爪切りとしては申し分ない製品だ。足の爪が固くて切りづらいと感じている方は、一度、試してみてよい製品だろう。




2010年 3月 2日   00:00