記事検索
バックナンバー

家電製品ミニレビュー

パナソニック「プチリフレ」

〜じんわり温めながらツボを押す小型マッサージャー
by 小林 樹
パナソニック「プチリフレ」

 このところ、急に肌寒くなり、身体がかじかむようになった。そこで今回は、かじかむ身体を温めながら揉みほぐしてくれる、ヒーター機能付きのマッサージャーを取り上げよう。

 パナソニックの「プチリフレ」は、会社の椅子の背もたれに置いて使えるエアーマッサージャーなのだ。



メーカー パナソニック
製品名 エアーマッサージャー プチリフレ EW-NA52
購入場所 ヨドバシ.com
購入価格 7,890円

 コンパクトなマッサージャーで、本体にヒーターとエアーバッグを内蔵し、じんわり体を温めながら、腰や背中のマッサージができる点が特徴だ。

 サイズは224×224×71mm(幅×奥行き×高さ)。重量は約630g。本体は丸みを帯びたデザインで、素材はプラスチック。触感は固く、クッションの代わりにはならないが、正面の中央に布地が付いていて、タオルのような手触りがする。

 カラーはストロベリーピンク、チョコレートブラウン、キャラメルベージュの3色があり、今回はピンクを選んだ。

 なお本体には、ACアダプターと、ポイントアタッチメントが付属している。このポイントアタッチメントは後述するが、簡単に言えばより強い指圧が欲しいときに、本体に装着して使うものだ。

タオルのような肌触りの布地が表を覆う。内部には2つのエアーバッグを備える ACアダプターとポイントアタッチメントが付属する

 操作ボタンは、左から、「動作OFF/ON」ボタンと「ヒーターOFF/ON」ボタンが並ぶ。動作OFF/ONボタンを連続して押すと、マッサ−ジの「強/弱」が選べる。

 マッサージの強/弱と、ヒーターがONの状態は、それぞれ緑色のランプが点灯して知らせる。ヒーターとマッサージを同時に動作させることもできる。

左から「動作OFF/ON」ボタンと「ヒーターOFF/ON」ボタン マッサージの強/弱と、ヒーターがONの状態は、それぞれ緑色のランプが点灯して知らせる

 さっそく会社の椅子ででプチリフレを使用した。まずはマッサージは「弱」に、ヒーターをONに設定し、腰と椅子の間にプチリフレを挟んだ。

 この時注意したいのが、背骨の両側に1つずつエアーバッグが当たるよう、横向きに設置することだ。プチリフレのマッサージは、2つのエアーバッグによる一気加圧や、3段加圧によって行なわれる。

背骨の両側に1つずつエアーバッグが当たるよう、横向きに設置する 会社の椅子と腰の間にプチリフレを挟んだ

 プチリフレに身をもたれると、2つのエアバックが、グーッと膨らみ、背中を圧迫。しばらくすると、プシューと空気が抜けた音がして、同時にどっと背中の力が抜けた。

 例えて言うならば、指圧系のマッサージに近い感覚だった。背骨に沿ってローラーを流すような、揉み玉を採用したマッサージャーや、オイルを使ったアロママッサージの店とは、マッサージのやり方が異なる。これはこれで気持ち良いが、もう少しツボをグイグイ押すような、強さが欲しいと思った。

 そこで、ポイントアタッチメントの出番だ。付属のポイントアタッチメントを装着すると、エアーバックの先端が尖り、ググッとツボに入るような強めのマッサージが可能となる。ポイントアタッチメントの装着は、本体の表面にある布地が二重になっている部分に挿入するだけで、簡単だ。

ポイントアタッチメントを本体に取り付ける ポイントアタッチメントを取り付けると、エアーバックの先端が尖り、より強い刺激が得られる

 マッサージを「強」にすると、さらにエアーバッグが膨らむ。背中に当たる力が強くなり、さらにエアーバッグの空気が抜けたときの解放感も大きい。自然と自分の呼吸が深くなるのを感じた。

 マッサージは約10分で自動的に停止するが、ヒーターはその後も温め続け、最大で約90分の連続運転が可能となっている。ヒーターは本体の片面に内蔵されており、表面温度は約40℃まで上がる。室内で使うぶんには、これ位ほんのり温かい程度がちょうど良い。特に冷えが気になる腰周りなどに当てるとだいぶ楽になる。

 腰以外にも、背中や肩、首のマッサージにも使える。首に使う際は、ベッドなどの上に横たわって、首の下に敷く。エアーバッグの力で首が心地よく伸び、ストレッチのような感覚が味わえる。

 背中や肩をマッサージするには、椅子の背もたれの高い位置に、プチリフレを設置する必要がある。背が高い椅子や、リクライニング機能のない固い椅子のほうが椅子がベターだ。ただしマッサージ中、背もたれにしっかり体重を預けていないと、プチリフレが下にずれてきてしまう。パソコンで仕事をしながらだと、この姿勢はちょっと厳しい。結局私は肩や背中のマッサージはあまり使わず、腰に当てるほうが多かった。

布団の上で、プチリフレを使用。エアーバッグの力で首が心地よく伸びる 会社の椅子の背もたれの高い位置に設置して、肩をマッサージ

 オフィスでマッサージ機器を使う場合、静音性も気になるポイントだ。プチリフレに関して言えば、動作音は最大約47dBで、マサージが「弱」であれば、オフィスで使うぶんには全く耳障りではない。ただし、「強」にすると、「ヴーヴー」と言うモーター音と、「プシュゥー」というエアバッグの音が気になるので、注意が必要だ。

 このほか、消費電力は、マッサージが10W、ヒーターが5Wとなっており、少なめだ。先ほど触れた通り、最大連続運転時間は、マッサージで10分、ヒーターで90分となっていて、もし万が一スイッチを切り忘れてしまっても、自動的に停止してくれるから安心だ。

 残念に感じたのは、背中に挟んだ状態で操作ボタンを押せないことだ。ボタンは本体に備え付けなので、いちいち背中から外して、ボタンを確認する必要がある。これはこれで本体がコンパクトという良さもあるのだが、別にリモコンなどを用意してくれればより使いやすかっただろう。

 ひと通り使ってみてわかったのは、凝りがほぐせる効果よりも、むしろリラックス効果が得られるということ。プシューという音と共にエアーバッグが萎むと、そこに身を預けていた体の力も抜ける。自分が普段、無意識のうちにどれだけ体に力が入っていたのか、気づかされる。凝りをほぐすというより、ストレッチのように力を抜いて、気持ちを落ち着かせたい時に、ピッタリだ。

 デスクを前に、つい肩がこわばっている方、無意識のうちに、仕事に力みすぎている方に、まず体の力を抜くための一助として、プチリフレをオススメしたい。






2011年11月24日 00:00