ビジネスべんり帖

シヤチハタの「キャップレス9」は、フタがないからサッと捺印できる

ビジネスべんり帖は、ビジネスシーンで役立つ雑貨や文房具を紹介するコーナーです
シヤチハタ「キャップレス9」

 いわゆる三文判(安価なハンコ)をなくしてしまった。本当ならサインで良いはずの請求書なども、なぜかサインよりも特異性のないハンコの捺印を求められるのが、ここ日本。ハンコがなくなると、非常に困ってしまう。

 ということで、シヤチハタのハンコを購入した。しかも「キャップレス9」という、文字通りフタのない、フタが外れないハンコだ。

メーカー名 シヤチハタ
製品名 シヤチハタ「キャップレス9」
購入場所 Amazon.co.jp
購入価格 828円

 キャップレスと言っても、本当にフタがないわけではない。ハンコを押し下げるのに連動して、中にあるフタが開く構造。

押す前は、印面の前面のフタが閉じている
グッと押すと、連動してフタが開き始める
ググッと押すと、さらに開いて、捺印完了
捺印しづらい時にも、サッと捺印できる

 特に便利に感じるのは、宅配便が届いた時。これまでは玄関先でハンコのフタを外しつつ、荷物を持ちながら捺印していたが、荷物かフタを落としそうで気が気じゃない。ボールペンでサインすることもあったが、名字の画数が多いので、これもめんどう。

 そんな、ちょっと急いでいる場面でも「キャップレス9」は、フタを外す手間がないので、サッと捺印できるのだ。しかも、フタが取れる心配がないから、カバンや机の中に入れておいても安心。ロックしておけば、間違ってインク面が飛び出すこともないから、書類を汚す心配もない。

 めったに買い換えることのないハンコだが、もし必要になった時には、選択肢の1つに加えておくべきだ。

なくしたと思っていた、これまで使っていたシヤチハタの「Xstamper」との比較。「キャップレス9」を購入した途端に、見つかった
書体は、標準的な楷書を選択。「勘亭流」や「てん書」など、8種類から選べる

(河原塚 英信)