家電Watch logo
記事検索
バックナンバー
【 2009/03/30 】
やじうまミニレビュー
DO-SEE「LEDライト付きスタンドルーペ」
[00:01]
家電製品ミニレビュー
ツインバード「コンパクトフライヤー EP-4694」
[00:01]
【 2009/03/27 】
家電製品ミニレビュー
三菱「蒸気レスIH NJ-XS10J」
[00:02]
やじうまミニレビュー
L.L.Bean「ボート・アンド・トート・バッグ」
[00:01]
【 2009/03/26 】
やじうまミニレビュー
アイリスオーヤマ「サイバークリーン」
[00:01]
家電製品長期レビュー
三洋電機「eneloop bike」(4/4)
[00:00]
【 2009/03/25 】
やじうまミニレビュー
オーエフティー「自動給餌機 Newビストロ」
[00:01]
家電製品ミニレビュー
日立「クリエア7 EP-CV1000」
[00:00]
【 2009/03/24 】
やじうまミニレビュー
「家庭菜園 かいわれくん」
[00:02]
長期レビュー
シャープ「プラズマクラスターイオン発生器&加湿空気清浄機」 (4/4)
[00:01]
【 2009/03/23 】
やじうまミニレビュー
撥水ペーパーのメモ帳と“現場仕様”のボールペンを試す
[00:01]
長期レビュー
三洋電機「eneloop bike」 (3/4)
[00:00]

家電製品ミニレビュー
オムロン「HT-B421」

〜実売4,000円を切る音波式電動歯ブラシ
Reported by 本誌:伊藤 大地

マイクロビブラート HT-B421
 電動歯ブラシは一度使うとやめられなくなる。

 やめられなくなったのは、音波式を使い始めたことがきっかけだった。家電Watchの創刊以来、電動歯ブラシは安価なものから高級なものまで、いろいろ試してきたが、音波を使った高級タイプと、ただ電力でブラシを回転させたり振動させるタイプとでは、価格も違うが、それ以上に磨き心地や歯肉への優しさ、汚れの落ちなどあらゆる面でまったく別物であることがわかった。

 ただ、電動歯ブラシは、購入前に店頭で使い心地を試すことができない。1万円以上する高級機を買うのがためらわれる人もいるだろう。そこで今回は、音波式の電動歯ブラシとして、もっとも安価な価格帯の製品を紹介したい。オムロンの「マイクロビブラート HT-B421」だ。ドラッグストアで、3,980円で購入した。

 ドラッグストアで販売されているだけあり、パッケージは箱ではなく、ブリスターパックになっている。パッケージには充電器とブラシが1本付属する。本体は直径22mmと電動歯ブラシにしてはスリムだ。これなら、歯肉に負担をかけない“ペングリップ”式の持ち方も可能だ。

 内蔵のニッケル水素電池が電源となっており、充電時間は約16時間。250gの負荷をかけた状態で約30分使用できる。このあたりは、一般的な充電式電動歯ブラシとほぼ同等のスペックになっている。なお、ニッケル水素充電池の交換はできず、電池が消耗したら、本体ごと買い換える必要がある。また、本体は防水機構にはなっていないので、丸ごと水洗いすることはできない。汚れた場合は乾いた布で拭き取るか、中性洗剤を染みこませ、固く絞った布で拭くよう取扱説明書には指示されている。


パッケージ
電動歯ブラシにしてはスリムな本体 充電台には本体1台と2本の替えブラシを立てて収納できる

充電台
購入時はブラシを保護するキャップが付いている 替えブラシ「SB-050」。1本263円と安価

 充電台は、電磁誘導方式を採用。スタンドに立てるだけで充電できる。スタンドには3つの穴があり、真ん中の穴に立てればよい。左右の穴は替えブラシを立てる穴だ。本体の電池が少なくなってくると、電源ボタン下にある赤のランプが点灯するようになっている。

 磨く性能についてだが、メーカー各社の製品情報を見ると、音波式の電動歯ブラシでは、ヘッドの振動回数が性能の指標とされている。HT-B421もその例外ではなく、1分間に25,500回振動するという。単純に数字だけを見ると、他社の1万円以上の高級機では3〜4万回、1万円以下の音波式で2万回台半ば。価格からすると妥当なスペックといえるだろう。

 電源をONにすると、まだブラシを口の中に入れていない状態でも、音波式でないものとの違いが感じられる。具体的に言うと、振動の幅が細かいのだ。1万円以上の高級機にはかなわないものの、ただの電動式とは見た目で違いがわかる。実際の磨き心地も見た目に準じて、高級機に迫るものがある。価格分の性能は十分に感じられる。

 同梱されている「ダブルメリットブラシ」は、やや固めな印象。極細毛で歯垢を掻き出し、毛先の角を取ったエッジ加工毛で歯の表面にこびりついた汚れを落とすという。動作モードで強さを調節できればよいのだが、この機種では電源のON/OFFしかないので、歯茎に不安を抱える人は注意したい。オプションでは歯茎をマッサージする専用のブラシも用意されているので、こちらを利用してもいいだろう。


本体裏側にはニッケル水素電池を表す「Ni-MH」の文字が見える 電源スイッチの左側に、動作中を表す緑のランプ、右側に充電を促す赤いランプが付いている 【動画】動作させているようす。音波式なのでヘッドの動きが細かい(WMV形式, 230KB)

 ところで、電動歯ブラシについては、替えブラシが高価だという理由で導入を見送る人もいるだろう。確かに、100円台から、ヘタをすると100円を切る価格で買える普通の歯ブラシに比べると、電動歯ブラシの替えブラシは高価だ。特に国外メーカーの製品はその傾向が強く、高級機の替えブラシになると、定価ベースで1本千円以上、実売で500円を超すものはザラだ。

 その点、マイクロビブラートシリーズの替えブラシは、希望小売価格が1本263円。音波式電動歯ブラシの中ではダントツに安い。本体そのものの価格も魅力的だが、ランニングコストが安いのもうれしい。

 水洗いできる機構や動作モードの切り替えなど、周辺の機能を省く一方、音波式の導入という、歯ブラシの本質に関わる部分にコストをかけ、安価ながら基本性能がしっかりした製品に仕上がっている。音波式の入門機として、幅広い層に推薦したい。





URL
  オムロン ヘルスケア株式会社
  http://www.healthcare.omron.co.jp/
  製品情報
  http://www.healthcare.omron.co.jp/product/htb421_1.html

関連記事
家電製品ミニレビュー
ナショナル「ドルツ スリム EW1163」(2007/03/12)

ブラウン、実売で3,000円を切る電動歯ブラシ(2007/02/09)
サンスター、「G・U・M」ブランドの充電式電動歯ブラシ(2007/02/26)
家電製品ミニレビュー
ナショナル 電動歯ブラシ「ドルツ EW1038」(2006/11/01)

家電製品ミニレビュー
フィリップス「ソニッケアー エリート e9500」(2007/01/26)




PR  




2007/03/16 00:00

- ページの先頭へ-

家電Watch ホームページ
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.