ニュース

パナソニック、紫外線対策向けの「ブライトニングモード」を搭載した導入美容器

イオンエフェクター EH-ST63

 パナソニックは、紫外線対策用のモードを備えた導入美容器「イオンエフェクター EH-ST63」を、5月1日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は26,000円前後(税抜)。

 市販の化粧品の保湿成分を、肌の角質層まで浸透させる「電気浸透流」を搭載した美容器。ヘッドを肌に当てると微弱電流が発生し、ハリ感のあるうるおい肌へ導くという。

 新モデルでは、紫外線対策に適した「ブライトニングモード」を新搭載。化粧品に含まれるビタミンCを角質層まで届け、透明感のある明るい肌へ導くとしている。紫外線の気になる季節に、ビタミンCを含む化粧品での手入れが増えることに着目して、搭載したという。

 温感ヘッドを採用しており、ブライトニングモードは「高(約43℃)/低(約37℃)」の温度調節が可能。好みの温度でケアできる。

「電気浸透流」で保湿成分を肌の角質層まで浸透させる
化粧品に含まれるビタミンCを浸透させる「ブライトニングモード」

 このほか運転モードは、毛穴に残った肌の汚れを角質層から引き出す「スキンクリア」、化粧水の保湿成分を角質層まで浸透させ乾燥を防ぐ「保湿」、温感ヘッドとリズムで引き上げるようにケアする「温感リズムケア」を備える。

 ヘッドは、三角形のトライアルヘッドを採用。直線部分では肌を引き上げやすく、角の部分は小鼻などの細部にも当てやすい形状としている。

 リチウムイオン電池を採用し、コードレスで使用可能。充電時間は約1時間。連続使用時間は約3回(1回9分の場合)。

 本体サイズは、46×55×155mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は約110g。本体カラーはピンク調。

イオンエフェクター EH-ST53

 下位機種として、ブライトニングモードを省略した「イオンエフェクター EH-ST53」も同時に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は23,000円前後(税抜)。

(西村 夢音)