ニュース

KDDI、ケータイ・スマホとセットで最大5%おトクな、「auでんき」をスタート

auユーザーにお得な電気料金に合わせたキャッシュバックが用意された「auでんき」のサービス詳細を発表

 KDDIは、4月1日の電力小売の全面自由化に合わせて、電気サービス「auでんき」の受付を1月20日から開始する。契約しスマートメーターの取り付け後に、4月1日以降から順次サービスを開始する。

電気料金に応じて最大5%がキャッシュバックされる

 「auでんき」は、一般家庭向けの「でんきMプラン」と、法人向けの「でんきLプラン」が用意されている。いずれも電気料金は、東京電力や関西電力など、従来の電力会社と同等の料金で提供されるという。そのため、居住地域により、電気料金は異なる。

 電気料金は、これまでの電力会社と変わらないが、auケータイ・スマートフォンと合わせて利用できる「auでんきセット割」により、「auでんき」の利用料金に応じて最大5%のキャッシュバックを行なうという。

各電気料金のキャッシュバック率

 なお、キャッシュバックは、「au WALLET プリペイドカード」にチャージ(入金)する形で行なわれる。これは、厳密には現金が戻ってくるものではないが、同社によれば「au WALLET」は、世界3,810万の店舗で利用できる決済サービスのため、“キャッシュバック”という言葉を使っている。

「auでんきセット割」を適用した際の、世帯構成によるお得度の目安

 上の表は、世帯構成ごとの平均電気料金と、「auでんきセット割」を適用した際のお得度を表している。さらに、「auでんき」の電気料金を同社の「au WALLET クレジットカード」で支払う場合には、「au WALLET ポイント」が付与され、よりお得度がアップするという(上表の右端の数字が「au WALLET ポイント」加算時のお得額)。

「どんな世帯構成でも、どんな季節でもお得なのがauでんき」

代表取締役 執行役員専務 石川雄三氏

 同社の石川雄三専務によれば、「電気の使用量や料金は、世帯によっても季節によっても大きく変わってくる」という。そんな中で、「色んな家族構成や季節、場合によっては地域に関わらず、必ずお安くしようというのが、我々の基本コンセプトです」と言い切る。

同社調べによれば、月間平均300kWh以下の世帯は、全体の5割にのぼる
総務省の調べによれば、電力使用量は、季節によって大きく変動するもの
世帯構成や季節に関わらず、お得なのが「auでんき」だとする

 また、新規参入した他社が設定した料金プランを例に挙げて説明。その他社プランでは、3〜4人家族向けとして、300kWh以上を使用すると、お得になるプランが発表されている。だが、もし月の電力使用量が300kWh以下だった場合には、定額制となっているため、「ドーンと高くなってしまう」という。こうした季節変動によって、損をしないのが「auでんき」だという。

電気の使用量を「見える化」するだけでなく、予測も行なう「auでんきアプリ」を提供

 「auでんき」の提供開始にあわせて、電気使用量や電気料金をスマートフォンやパソコンで確認できる「auでんきアプリ」が提供される。同アプリでは、日別/週別/月別の電気使用量の推移がグラフで表示されるのをはじめ、電気料金を予測してくれる。

「auでんきアプリ」のトップページ。今月の電力料金などが把握できる
1日の電気料金の推移をグラフで表示
1週間/1カ月ごとの電気料金の推移も閲覧できる

 料金予測に関しては、各世帯の利用状況を蓄積していくことで、予測精度が高まっていくという。また、同時に電気の使いすぎをお知らせするアラーム設定、さらに最適な節電方法のアドバイスを行なう。

 アドバイスについての例としては、外灯を使っていて夜間の電力使用量が多い世帯には、LEDを提案したり、夏の夜間使用量が多い家庭には、ひんやりシートを提案することもあるという。

今月の電気料金を予測してくれる「電力分析」ページ
電気料金に占める、各家電製品の割合を表示
他の利用世帯の電力料金などと比較でき、ユーザーの節電意識を高めてくれる
各世帯に合わせたアドバイスをしてくれる

話題の同社CMの最新作が1月30日からスタート

CMで鬼ちゃんを演じる菅田将暉さん

 発表会では、新CMの制作発表も行なわれた。出演者の代表として、鬼ちゃんを演じる菅田将暉さんが登壇。自身の節電意識について語った。

新CMのメイキング映像

 また、「auでんき」のサービス開始のセレモニーとして、菅田氏が壇上で太鼓を叩くパフォーマンスを披露。会場を沸かせた。

サービス開始のセレモニー時の、菅田さんのパフォーマンス

(河原塚 英信)