ニュース

11月の国内家電出荷額は7カ月連続のプラス〜エアコンや理美容機器が好調

 日本電機工業会(JEMA)は、2015年11月の国内家電出荷額を発表した。出荷総額は、前年同月比の104.4%となる1,674億円で、7カ月連続のプラスとなった。

 製品別の出荷額では、エアコンが同13.6%増の346億円で5カ月連続のプラス、冷蔵庫が同8.4%減の255億円で7カ月ぶりのマイナス、洗濯機は同14.6%増の245億円で2カ月連続のプラスとなった。

 JEMAでは、ルームエアコンと洗濯機の2桁の伸びに加え、調理・理美容関連機器も前年プラスとなり、民生用電気機器全体を押し上げているとする。

(西村 夢音)