ニュース

パナソニック、最大約88kmの長距離走行ができる電動アシスト自転車

電動アシスト自転車「ビビ・EX」

 パナソニックは、長距離走行できる電動アシスト自転車「ビビ・EX BE-ELE432/632」を、2016年1月下旬に発売する。24型と26型の2機種で、希望小売価格はいずれも13万7,000円(税抜)。

 16.0Ahのリチウムイオンバッテリーを採用した電動アシスト自転車。従来モデル(BE-ELE43/63)よりバッテリー容量が約21%アップしながら、体積を約23%小型化した。

 コンパクトでありながら、走行距離はパワーモードで約54km、オートマチックモードで約63km、ロングモードで約88kmを実現。1回の充電で走行距離が伸びることにより、充電回数が減り、バッテリーの持ち運びの手間を軽減するという。

 バッテリー本体がコンパクトになったことにより、フレームサイズの低床化を実現。サドルの高さが従来モデルより約2cm低くなり、身長の低い人でもより乗りやすくなった。

バッテリーは、大容量&コンパクト化
低床化も実現し、身長の低い人でも乗りやすい

 このほか、強いアシスト力を発揮する「ラクラクドライブユニット」を搭載。急な上り坂や、重い荷物を載せた漕ぎ出し時にアシストし、ラクに運転できるという。

 車体重量は「BE-ELE432」が約28.2kg、「BE-ELE632」が約29.2kg。バッテリーの充電時間は約6時間。カラーは、ジュエルローズ、チタンシルバー、ビターブラウン、インディゴブルーメタリックの4色。

子供が快適に乗れる「ギュット・ミニ・EX」

 また、低重心設計で幼児2人を乗せやすい「ギュット・ミニ・EX BE-ELME03」も同時に発売する。希望小売価格は15万8,000円(税抜)。

ギュット・ミニ・EX BE-ELME03
アパレルブランド「maarook」とコラボレーション

 車輪サイズ20型の電動アシスト自転車。子育て層に人気のアパレルブランド「maarook」とコラボレーションし、ポップなデザインを採用している。幼児が座る部分には、外観はボーダー、クッション部は三角形をあしらった。左右・底面・背面全てにポリウレタン製の素材を使用し、肌触りが良く、より幼児の快適な乗車を実現する。

 車体重量は約32.9kg。バッテリーは16.0Ahリチウムイオンバッテリーを採用。充電時間は約6時間。走行距離はパワーモードが約50km、オートマチックモードが約60km、ロングモードが約80km。

 カラーは、ピュアマットブラック、アクティブホワイト、コーラルピンク、ビターブラウン、エンドレスブルー、パウダーイエローの6色。

(西村 夢音)