ニュース

Cerevo、本体をシェイクして二度寝を防止するスマホ連携アラーム

アラーム装置「cloudiss」

 Cerevoは、本体をシェイクして寝過ごしを防止するアラーム装置「cloudiss」を発売する。直販サイト「Cerevo official store」にて販売し、11月中に出荷する。直販価格は12,800円(税抜)。

 iOS端末と連携するアラーム装置。時刻表示機能は廃して、アラームに特化した点が特徴。Bluetooth 4.0を搭載し、専用アプリとペアリングして使用する。アプリ内から、手動で日時を指定する一般的な目覚まし時計としての使い方に加え、「Googleカレンダー」と連携してアラーム時刻を設定することもできる。アプリの対応OSは、iOS 8.3以上。

 Googleカレンダーと連携する際は、カレンダーに登録したスケジュールの中で、朝の最も早い予定に合わせて自動的にアラームが作動する。「オフセット」機能を併用することで、身支度や通勤時間を考慮して予定より早い時間にアラームを鳴らすことも可能。

専用アプリで操作する
Googleカレンダーと連携可能

 本体は、電源ボタン以外のボタン類を廃したシンプルなデザイン。アルミ削りだしボディに天然ウォールナット材のキャップを施し、本体のストラップには本革を採用。ラグジュアリーなホテルの客室に置いても雰囲気を損なわないような、重厚な質感を実現している。

 アラーム音量は、iPhone 6の最大アラーム音量の約3倍の大音量で、確実な目覚めをサポートするという。アラームを止める際は、本体を縦に何度もシェイクする必要があり、無意識にアラームを止めて寝過ごしたといった事態を防ぐ。このほか、音量を抑えて、キッチンタイマーなど目覚まし以外の用途でも使用できるという。

アルミを削りだしたシンプルなデザイン
アラームを止める際は本体をシェイクする

 バッテリーを内蔵するため、旅行先などでも利用しやすい。バッテリー容量は250mAhで、充電時間は約2.5時間。連続使用時間は、約21日間(1日2分間アラームを作動させた場合)。micro USBケーブルで充電する。

 本体サイズは、36.5×91.5mm(直径×高さ)で、重量は約51g。

(西村 夢音)