ニュース

シニアが使いやすい“世界最軽量”本体質量2kgの紙パック式掃除機

 パナソニックは、本体質量2kgの紙パック式掃除機「MC-JP500G」を11月25日より発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は55,000円(税抜)。

 50代、60代をメインターゲットとした家電「Jコンセプトシリーズ」の製品。シニア世代にも使いやすいように、本体設計をイチから見直して、本体質量2kg“世界最軽量”を実現している点が特徴。50歳以上のユーザーの多くが感じている「掃除機本体の重さ」を解消しており、持ち運びやすい本体デザインを採用する。

本体質量2kgの紙パック式掃除機「MC-JP500G」
シニア世代に使いやすいようにデザインされている
集じん方式は紙パック式を採用
従来の紙パック式掃除機とサイズを比べたところ

 本体素材は、家電製品の材料として初めて採用する「PPFRP(PP繊維強化樹脂)」を採用。同素材は、柔らかな繊維を積層し、プレスした素材で、一般的な掃除機に採用されているABSよりも軽量かつ、強度が高いという。本体デザインは、PPFRPの織り目をあえて活かした。繊維の織り方には、「綾織」と「平織」の2種類があるが、本製品では「日本の美意識」を表現するとして、「綾織」を選択。本体コンセプトである「軽さ」も表現している。

家電製品の材料として初めて使う「PPFRP(PP繊維強化樹脂)」(手前白)。従来のABS(奥黄色)と比べると薄くて軽い。強度も高いという
繊維の織り目をあえて見せるデザインを採用
ピンクもラインナップされる

 また内部のモーターは外部部品と電磁コイルを鉄からアルミに変更。全体を小型化することで、約56%の軽量化を図った。モーターやコードリール、紙パックのレイアウトは縦一列とした。無駄なスペースを減らしたことで、本体幅を約27%小さくし、体積は約37%少なくなっている。

モーターは、素材を鉄からアルミに変更し、軽量、小型化した。左が従来のモーター、右がMC-JP500Gのモーター
モーターやコードリール、紙パックを縦一列に配置した。従来機種(左)は、コードリールをモーターの横に配置している

 ヘッド部やホースも軽量化している。暗い場所も掃除しやすいLEDライトや、ゴミの取り残しを防ぐ「ハウスダスト発見センサー」など便利な機能も備える。

ヘッド部。前方にLEDライトを備える
ブラシ部分
操作部

 本体サイズは192×383×191mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は2.0kg。吸込仕事率は約300〜100W。本体カラーはホワイトとピンクシャンパンの2色。

(阿部 夏子)