ニュース

電球色でも100W形相当の明るさを実現したボール形LED電球

ボール電球形 100W形相当(電球色) LDG13L-H/100W

 東芝ライテックは、LED電球「E-CORE(イー・コア)」シリーズとして、「ボール電球形 100W形相当(電球色) LDG13L-H/100W」を6月16日に発売する。希望小売価格は6,200円(税抜)。

 白熱電球100W形相当のE26口金のボール形LED電球。消費電力13Wで全光束1,340lmを実現し、“業界トップクラス”の発光効率103.1lm/Wを達成した。ボール形白熱電球と同等のサイズで置き換えやすいという。消費電力も約86%削減できる。

 E-COREシリーズにはこれまで、ボール電球形の100W形相当として昼白色がラインナップされていたが、今回電球色も100W形が追加され、状況に合わせて選べるようになった。

 なお同社では、エレベーターホールや飲食店など、明るさが求められる場所での使用を推奨している。

 本体サイズは95×127mm(直径×全長)。本体重量は162g。定格寿命は40,000時間。

(中野 信二)