ニュース

ネジが板と水平でピタリと止まる電動ドライバー

オートマチック・ドリルドライバー AUTO01

 ブラック・アンド・デッカーは、ネジの締めすぎを自動で防ぐ電動ドライバー「オートマチック・ドリルドライバー AUTO01」を5月下旬より発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は14,000円〜16,000円(税込)。

 リチウムイオン電池を搭載した充電式の電動ドライバー。ネジの締めすぎを防ぐ「オートセンス」機能を採用した点が特徴。ネジ締め時の負荷をセンサーで検知し、ネジ頭が板面に水平に収まる位置で自動停止する。トルク調節などの手間を省き、初心者も扱いやすいという。

 さらにしっかりネジを閉めたい時には、オートセンス機能で停止した後に、トリガースイッチを入れ続けると断続的に90度ずつ回転して、微調整できるという。

ネジ締め時の負荷をセンサーで検知して、締めすぎない
水平にネジをとめることができる

 使い勝手の面では、ネジ締めモードとドリルモードはボタンで切り替え可能。

2つのモードをボタンで切り替える
ドリルモードで板に穴を開けることも可能
アタッチメントは11種類を用意する

 アタッチメントとしてプラスやマイナス、ポジドライブ、六角、ドリルなど11種類の先端ピットが付属。DIYから家具の組み立てまで対応するという。

 本体サイズは78×170×210mm(幅×奥行き×高さ)。本体重量は約1.23kg。定格電圧は18V。バッテリーは1.5Ahのリチウムイオン電池。充電時間は約80分。本体にはLEDライトを搭載する。回転数はドリルモードで0〜800回転/分、ネジ締めモードで0〜480回転/分(正転)、0〜800回転/分(逆転)。

(小林 樹)