ニュース

固定電話の通話内容をSDカードに録音する自動通話録音装置

 パイオニアは、固定電話機に接続する自動通話録音装置「AF-CR1000-W」を11月上旬に発売する。価格は29,800円。

自動通話録音装置「AF-CR1000-W」
固定電話機の下に設置できる(電話機は別売)

 企業や事務所などに向けた自動通話録音装置で、顧客などとの会話記録を目的とする。本体は薄型で、固定電話機の下に敷き、電話機の受話器用端子に接続するだけで、自動的に通話内容をSDカードに録音する。32GBのSDHCカードに最長で約8,888時間の録音が可能。最大録音件数は9,999件。

 録音内容の漏洩を防ぐため、暗証番号を登録することで録音内容の再生などの操作を制限することもできる。また、本体が持ち去られないようにセキュリティワイヤーが取り付けられるスロットも備える。

 SDカードに録音された内容は、無償公開されている専用再生ソフトを使用することで、パソコン上で検索、再生、管理などが行なえる。専用ソフトの対応OSはWindows Vista SP2、Windows 7 SP1、Windows 8。

 本体サイズは、180×276×20mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約455g。電源はACアダプター。

【10月16日追記】対応OSの表記が一部誤っておりましたので訂正させていただきました。

(伊達 浩二)