ニュース

シャープ、大きな文字と大きなボタンで使いやすいコードレス電話

〜ワンタッチで受話音量が大きくなるボタンも搭載

デジタルコードレス電話機 JD-V36CL

 シャープは、大きな液晶画面と大きなボタンを搭載した電話機「デジタルコードレス電話機 JD-V36CL/CW」を、7月19日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は、子機1台タイプの「JD-V36CL」が11,000円前後、子機2台タイプの「JD-V36CW」が19,000円前後。

 通話品質がクリアなDECT 1.9GHz方式を採用したコードレス電話機。親機に約4.7型の大型カナ液晶を採用した点が特徴で、これは従来モデル「JD-V35CL」の約1.5倍に当たるという。また、ダイヤルボタンも使いやすさを向上するために大型化している。

 通話機能では、ワンタッチで受話音量を大きくする「音量大ボタン」を、親機と子機に採用する。さらに、電話に出る前に相手を確認してから対応する「聞いてから応答」機能、かかってきた電話を電話帳登録者/番号通知者/非通知に区分し、緑/黄/赤の3色で表示する「あんしんLED」機能、通話録音機能や迷惑電話拒否機能も備えている。

 このほか、停電時の通話にも対応する。

 本体サイズは189×197×77mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は約725g。消費電力は待機時で約1W、最大で約2.5W。留守番電話の録音時間は最大約10分で、録音件数は50件。子機のサイズは49×28×176mm(同)で、重量は約132g。電源は600mAhのニッケル水素電池で、使用可能時間は約200時間、通話時間は最大約8時間。

(正藤 慶一)