ニュース

ホープス、太陽光で充電するLEDソーラーライト「ソララ」

〜防水構造で屋外でも使える

SOLALA(ソララ)

 ホープスは、太陽光で充電した電気で光るLEDソーラーライト「SOLALA(ソララ)」を発売した。希望小売価格は1,680円。

 太陽光発電で内蔵バッテリーを充電して光る、電源不要のLEDライト。屋外に置き、ソーラーパネルに直射日光を約6時間当てることで発電、内蔵の単三形ニッケル水素電池を充電する。周囲が暗くなり、本体に太陽光が当たらなくなると、充電池の電気を使って、LEDが自動的に点灯する。連続点灯時間は約6時間。周りが明るくても強制的に発光させる「ONモード」も備える。

 本体はIPX3(防雨型)の防水構造を備えており、庭やベランダなど屋外、浴室など屋内でも使える。内蔵バッテリーの繰り返し使用回数は約600回で、市販の単三形充電池も利用できる。

 本体サイズは100×100mm(直径×高さ)。

直射日光を約6時間当てて発電する
周囲が暗くなり、太陽光が本体に当たらなくなると、LEDが点灯する
使用例

(正藤 慶一)