ニュース

消費者庁、“特に回収すべき”リコール製品31機種を公開

〜持っている人はまず使用停止を

 消費者庁は、現在リコール中の製品のうち、交換や点検を行なうべき31製品を公開した。

 今回の公開リストは、消費者庁が現在リコール中の製品について調査を実施し、特に製造・輸入事業者による交換・点検・修理をすべき製品、消費者の手元に多く残っている製品、事業者に置ける周知が不十分な製品など、特に回収すべき製品がリスト化されている。

 生活家電製品では、東芝キヤリアのエアコン、ダイキン工業のエアコンと空気清浄機、パナソニックの電気カーペット、ハイアールジャパンセールスの洗濯機、シャープ/富士通ゼネラル/LGの冷蔵庫、パナソニック/三洋の電子レンジなどが挙げられている。

 消費者庁では、今回挙げたリストの中で挙げられた製品を持っている人に対して、まずは使用を停止し、製造業者による回収などの案内を確認するよう訴えている。

【リストに記載されているリコール対象の生活家電製品(抜粋)】
対象製品ジャンル 事業者名 販売期間 未改修・未回収台数
IH調理器 永泰産業(テスコムブランド) 2004年9月〜2007年5月 19,511台
エアコン 東芝キヤリア 1998年9月〜2002年1月 129,763台
ダイキン工業 1995年1月〜2002年10月 309,388台
温水洗浄便座 アイシン精機 1982年〜1998年 600,435台
加湿器 森田電工(現ユーイング) 1999年9月〜2003年12月 55,515台
空気清浄機 オーム電機 2007年11月〜2010年3月 29,935台
ダイキン工業 2006年8月〜2010年3月 318,359台
電気温風器 森田電工(現ユーイング) 1989年9月〜同12月 25,135台
電気カーペット 松下電工(現パナソニック) 1992年〜2005年 890,300台
電気マット ワタナベ工業(山善ブランド) 2004年8月〜同11月 66,333台
電気コンロ 萬品電機製作所 2003年〜2008年 不明
電気ストーブ 燦坤日本電器 2005年〜2009年 64,861台
フカダック 2004年10月〜2005年12月 4,339台
2002年〜2003年 13,950台
洗濯機 三洋ハイアール
(現ハイアールジャパンセールス)
2002年4月〜2008年8月 305,003台
冷蔵庫 LG電子ジャパン
(現LG Electronics Japan)
2003年10月〜2005年6月 35,231台
富士通ゼネラル 1994年10月〜2002年3月 106,388台
シャープ 1996年12月〜2001年3月 586,282台
電子レンジ 小泉成器 1997年3月〜2000年9月 75,167台
千石(岩谷産業ブランド) 1997年3月〜2000年10月 75,920台
松下住設機器(現パナソニック) 1988年12月〜1993年12月 1,496,432台
三洋電機 2000年6月〜2007年9月 740,848台
以下、改修・回収の対象となっている生活家電製品の一部を、写真で紹介する。永泰産業(テスコムブランド)のIH調理器
東芝キヤリアのエアコン
ダイキン工業のエアコン(室外機)
アイシン精機の温水洗浄便座
森田電工(現ユーイング)の加湿器
オーム電機の空気清浄機
ダイキン工業の空気清浄機
森田電工(現ユーイング)の電気温風器(セラミックファンヒーター)
松下電工(現パナソニック)の電気カーペット
ワタナベ工業(山善ブランド)の電気マット
燦坤日本電器の電気ストーブ(ハロゲンヒーター)
フカダックの電気ストーブ
優の電気ストーブ
三洋ハイアール(現ハイアールジャパンセールス)の洗濯機
LG電子ジャパン(現LG Electronics Japan)の冷蔵庫
富士通ゼネラルの冷蔵庫
シャープの冷蔵庫
小泉成器の電子レンジ
松下住設機器(現パナソニック)の電子レンジ
三洋電機の電子レンジ

(正藤 慶一)