記事検索
最新ニュース

シャープ、ガンダムの「ハロ」をイメージしたココロボをお台場に展示

機動戦士ガンダムの中に出てくるロボットペット「ハロ」をイメージしたココロボの「ハロタイプ」 (C)創通・サンライズ

 シャープは、アニメ「機動戦士ガンダム」の中に出てくるロボットペット「ハロ」をイメージしたロボット家電「ココロボ」の特別モデルをお台場のダイバーシティ内にあるガンダムフロント東京にて展示している。

 会場では、ロボットペット「ハロ」をイメージした「ハロタイプ」と、もしシャアがハロ・ココロボを使うとしたらをイメージしてデザインされた「ハロ(シャアver)」の2モデルが展示されている。9月下旬までの限定展示で、製品化などの予定はない。

 COCOROBOは、掃除機能を搭載したシャープ初のロボット家電。独自の人工知能「ココロエンジン」を搭載しており、電気の充電量や、部屋の温度、掃除の状況、ユーザーの使用状況に応じて、COCOROBOが毎日違った反応をするなど、コミュニケーション機能を搭載している点が特徴。

 ガンダムフロント東京にて展示しているココロボの「ハロタイプ」と「ハロ(シャアver)」では、本体に搭載しているカメラに映っている動画をモニターで確認したり、話しかけると音声で答えるなどの機能が搭載されており、会場の特設ブースでは声をかけることができる。

東京・お台場のダイバーシティ7階にある「ガンダムフロント東京」エントランスでは、巨大なガンダムが迎えてくれる (C)創通・サンライズ ガンダムフロント東京内に用意された「ココロボブース」 (C)創通・サンライズ ショーケースの中には、ココロボの「ハロタイプ」と「ハロ(シャアver)」が展示されている (C)創通・サンライズ
シャープ A1269プロジェクト 箭竹麻美氏

 シャープ A1269プロジェクト 箭竹麻美氏によると、今回のプロジェクトは、そもそもシャープ内のプロジェクトから産まれたものだという。シャープでは、担当部署や所属会社を横断する形で、通称「アイディア会」を作っている。

 アイディア会は、新しい企画を検討する際に「遊び心や共通した趣味がある人を集めた方が面白いのではないか」という趣旨で作っている会で、その中の1つに、ガンダムファンが集まった会があった。

 そこで「ココロボってガンダムのハロっぽい。ココロボのハルモデルを作ってみては」というアイディアが生まれた。ハロは、初期のガンダムから続けて登場し続けているペットロボットで、登場人物の周りをフワフワと漂っていたり、時にはちょっとした言葉で慰めたりもする。そういったキャラクターがココロボのコンセプトでもある「こころを持ったロボット家電」に共通するとして、プロジェクトがスタートしたという。

 シャープは、今年4月にオープンしたガンダムフロント東京オープンの際に、モニターなどを提供したという経緯もあり、そこからの話はスムーズだった。アニメーション制作会社のサンライズにデザインを依頼し、「ハロタイプ」と「ハロ(シャアver)」の2モデルを作成。

 サンライズのガンダム事業部 企画営業チーム マネージャー 志田香氏は、「ハロの可愛いらしさが伝わるように、目の位置やカラーリングなどには気を遣いました。実際、ハロのデザインというのは1つだけではなく、シリーズを通して様々な形や色のハロが登場します。その中の1つとして、ココロボのハロも考えました」と話す。

ハロタイプの本体正面 (C)創通・サンライズ 裏側。掃除機能は搭載されていないので、ブラシやゴミの吸いこみ口はない (C)創通・サンライズ 充電台は、通常モデルと同じ (C)創通・サンライズ
ハロ(シャアver)は赤を基調としている (C)創通・サンライズ 本体側面。ツノが出ているのが特徴だ (C)創通・サンライズ ハロはガンダムシリーズの中でも様々な作品で登場。形や色も変わっているという。その中の1つとしてココロボのハロタイプのデザインも考えたという (C)創通・サンライズ

 また、「ハロタイプ」と「ハロ(シャアver)」の音声はいずれも、機動戦士ガンダムの中でハロを演じている声優が担当。ハロ(シャアver)では、「ハロがシャアの真似をしている」ことをイメージしているという。また各モデルが話すセリフも厳選。機動戦士ガンダムの中に出てくる名ゼリフなども折り込んでいる。

 たとえば「君はだれ」と声かけすると「ハロ オマエハ」と返事し、「ただいま」と声かけすると「ヨクカエッテキタナ」と答えてくれる。声かけのパターンは、各モデル10個以上用意されている。

特設ブースではココロボに搭載されているカメラの映像をモニターで確認できる 用意されたマイクを通じてココロボに声がけできる 声かけのパターンは各機種10個以上用意されている。ここに書かれていない台詞に反応することも
ガンダムフロント東京の館長・木村信一氏

 シャープ 箭竹麻美氏は、「ガンダムは幅広い世代で熱狂的なファンがいる人気アニメ。ガンダムを通じて、ココロボに興味を持っていただけたら」と話した。

 実際、ガンダムフロント東京の来場者は30〜40代から小学生までと幅広い。ガンダムフロント東京の館長・木村信一氏は、今回の展示について「特に子供さんからの人気が高いです。話しかけたり、カメラに写った自分の姿を確認したりと、ブースのそばにはいつも子供さんがいらっしゃいますね」と話す。

 なお、ガンダムフロント東京では、チケットを購入しないと入れない有料ブースと、ガンダム関連グッズなどが販売されている無料ブースに分かれており、ココロボの「ハロタイプ」と「ハロ(シャアver)」が展示されているのは、無料ブースとなる。






(阿部 夏子)

2012年8月7日 15:25