記事検索
最新ニュース

ソニー、手回し発電対応のモバイルバッテリー

手回し発電に対応するモバイルバッテリー「CP-A2LAKS」

 ソニーは、手回し発電に対応するモバイルバッテリー「CP-A2LAKS」を6月20日より発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は8,000円前後。

 スマートフォンを約2回充電できる電池容量4,000mAhのモバイルバッテリー。AC電源が確保できない時も充電できる、手回し発電に対応する点が最大の特徴。

 本体はUSB出力部、AC入力部、手回し発電入力部の3つに分かれている。自宅や会社などAC電源が確保できる場所ではAC入力部を、屋外や停電、災害時など電源がない場合は手回し発電入力部をそれぞれUSB出力部に接続して使う。出力部と入力部を切り離せる構造のため、持ち運びに便利だという。

 手回し発電入力部にはハンドルがついており、ハンドルを回転させることで、発電する。1分間120回転、3分間回転した場合で、スマートフォンで約1分間の通話が可能。ハンドルを回す方向は左右どちらでも可能。回転速度を早くした場合でも、発電量はほぼ一定だという。AC電源を用いた場合の充電時間は約300分で、繰り返し充電回数は約500回。

製品パッケージ AC入力部 USB出力部
手回し発電入力部 手回し発電入力部のハンドルを起こした状態 出力部と入力部を切り離せる構造のため、持ち運びに便利だという

 出力は1.5Aで、Xperia acroHDへの充電時間は約130分。本体には、メインモード「MODE1」とサブモード「MODE2」の2種類の充電モードを搭載する。MODE1はスマートフォンやタブレットなど様々な機器と互換性のある充電方式で、MODE2は充電にUSB認証を必要とする機器向けの充電方式。ソニーのPlayStation3のコントローラーなどの充電に対応する。充電モードの切り替えは本体の「ON/OFFボタン」の長押しで行なう。

 手回し発電入力部が付属しないモバイルバッテリー「CP-A2LA」と「CP-A2LAS」も同時発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は4,500円前後。

CP-A2LA スマートフォン向けのパッケージデザインを採用する「CP-A2LAS」

 電池容量4,000mAhのモバイルバッテリー。出力は1.5Aで、本体には2種類の充電モードを搭載する。「CP-A2LA」と「CP-A2LAS」の仕様や製品は同じだが、パッケージが異なる。CP-A2LASは特にスマートフォンを意識したパッケージで、売り場もスマートフォンコーナーに設置される。


http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201205/12-0515/



(阿部 夏子)

2012年5月15日 13:05