記事検索
最新ニュース

デロンギ、50年代のイタリアをイメージした家電シリーズ“アイコナ”

“icona(アイコナ) コレクション”左からポップアップトースター、エスプレッソカプチーノメーカー、電気ケトル

 デロンギジャパンは、1950年台のイタリアをイメージした調理家電シリーズ“icona(アイコナ) コレクション”を発表した。電気ケトル、ポップアップトースター、エスプレッソ・カプチーノメーカーからなる調理家電シリーズで、デンキケトルとポップアップトースターは発売中、エスプレッソ・カプチーノメーカーは4月からの発売となる。

 1950年代のイタリアをイメージしたという丸みのあるクラシカルなデザインを採用したほか、本体カラーはイタリアの名所・青の洞窟をイメージした「Azzurro Blue(アズーロブルー)」で統一している。iconaとは、イタリア語でアイコン(象徴)という意味で、1950年代のイタリアを象徴するような家電製品という意味でネーミングしたという。

 本体ボディはいずれも、耐久性の高いメタルボディを採用。独特の艶が高級感を演出するという。

容量1.7Lまで対応する大容量タイプの電気ケトル

 「icona コレクション 電気ケトル KBO2001J-B」は、容量1.7Lの電気ケトル。希望小売価格は18,900円。

 最小300mlから最大1.7Lまで対応する大容量タイプの電気ケトル。中の水量が確認できるように、本体取っ手側には1L/1.2L/1.5L/1.7Lの4段階の目盛りを設ける。1.7Lのお湯を沸かすのにかかる時間は約9分半。

icona コレクション 電気ケトル KBO2001J-B スタンドから持ち上げたところ 注ぎ口には異物の取り外し可能なフィルターを備える

 安全性では沸騰後自動で電源が切れる「自動電源オフ」機能、水が入っていない状態や水量が少ない状態では起動しない「空だき防止」機能などを搭載する。

 本体サイズは180×230×270mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は1.3kg。最大消費電力は1,200W。

冷凍パン対応のポップアップトースター

 「icona コレクション ポップアップトースター CTO2003J-B」は、冷凍パンを解凍しながら焼けるポップアップタイプのトースター。希望小売価格は18,900円。

 1〜6まで無段階で焼き目の調節ができるポップアップトースター。冷凍したパンを解凍しながら焼く「冷凍パン」機能、一度焼いたパンの温め直しができる「温めなおし」機能を搭載する。

 パンを差し込むスロット部分は、10枚切りから4枚切りまで対応のワイドタイプを採用。焼きあがったパンを上に持ち上げて、取り出しやすくする「エクストラリフト」機能を備える。また、未使用時にホコリなどが入るのを防ぐ専用のカバーが付属する。

 本体サイズは195×330×210mm(同)で、重量は2kg。最大消費電力は900W。

icona コレクション ポップアップトースター CTO2003J-B 焼き加減は1〜6まで無段階で調節できる スロットは4枚切りまで対応するワイドタイプ

高気圧でプロの味を再現するエスプレッソ・カプチーノメーカー

 「icona コレクション エスプレッソ・カプチーノメーカー ECO310B」は、業務用と同じポンプ式抽出採用のエスプレッソメーカー。希望小売価格は37,800円。

 カフェポッド用(1杯分のコーヒー粉がパックになったもの)、パウダー用それぞれの専用ホルダーを備えるほか、ミルクを泡立てるスチームノズルを搭載するなど、本格的な機能を備えるのが特徴。本体にはホルダー2種類と、フィルター3種類、計量スプーンが付属する。

icona コレクション エスプレッソ・カプチーノメーカー ECO310B カフェポッド用、パウダー用それぞれの専用ホルダーを備える ミルクを泡立てるスチームノズル

 抽出方式は、業務用マシンと同じ「ポンプ式抽出」採用で、抽出時の圧力や湯温はエスプレッソ抽出に最適とされる9気圧、90℃となっている。

 本体サイズは265×290×325mm(同)で、重量は4kg。最大消費電力は1,050W。

 なお、デロンギでは、1950年代のイタリアをイメージしてデザインされ、イタリア映画の大女優ジーナ・ロロブリジーダにちなんで名付けられたシリーズ「ジーナコレクション」も過去に展開している。



(阿部 夏子)

2011年2月18日 13:28