記事検索
バックナンバー

やじうまミニレビュー

貝印「iFIT」

〜世界初! 全方位に首振り可能な使い捨てヒゲソリ
by 林 佑樹


やじうまミニレビューは、生活雑貨やちょっとした便利なグッズなど幅広いジャンルの製品を紹介するコーナーです


貝印「iFIT」

 ヒゲ剃り、それは男ならば、ほぼ毎日行なう生活習慣の1つだ。ヒゲが濃いか薄いか、剃り負けしやすいかしにくいかなどで、手剃りのカミソリ派とシェーバー派に分かれるが、今回は“手剃り派”の方のために、3月に新発売となった貝印の「iFIT(アイフィット)」の使用感をお伝えしよう。


メーカー 貝印
製品名 iFIT(アイ フィット)
希望小売価格 452円

 「iFIT」は使い捨てながらも5枚刃を備えた手剃りのカミソリ。しかし、刃の枚数より特筆すべきは、刃とハンドルをラバー素材でつないた、世界初の「インテリジェントフィッティング機構」だ。これにより、全方位への首振りが可能になり、顔の凹凸へのアプローチがしやすくなり、剃り心地がとてもよくなる、という。

 刃は幅33mmで、材質はステンレス。切断抵抗を極限まで抑え込んで、鋭い切れ味を実現するとともに、高い耐久性に優れる貝印独自の硬刃技術「PINK」を採用しているらしい。さらに、耐食性・耐摩耗性のある2重のチタニウムコーディング、滑りのいいソフトな切れ味を実現するために、ナノサイズのフッ素樹脂コーディングも施しているという。また刃前にはビタミンE配合のアロエスムーザーを搭載し、肌の滑りが良いらしい。

 ハンドル形状は人間工学を基にしたデザインらしく、とても持ちやすい。また長さは143mm、重さ19.1gとよくある大きさなので、いままでのカミソリから買えても戸惑うことはないだろう。

刃は5枚刃を採用。鋭く切れるだけでなく、タッチ感はソフトなのもうれしい ハンドルは人間工学に基づいて設計されている。いろいろな持ち方してみたが、いずれも持ちやすかった 刃はラバー素材の上にマウントされているため、全方位にぐにぐに動く。これが「インテリジェントフィッティング機構」。また押した場合も軽く凹むため、強く剃りたいときにも対応する

 ちなみに小生、普段はシェーバーを使っているが、出張時はホテルに備え付けのカミソリではなく、コンビニで首が動くカミソリをわざわざ買っている。ホテルに備え付けのやつだと、顎のラインに当てにくかったり、ラインに合わせようとして角度を変えたら切れてしまったりしたので、ヒゲソリを選ぶときは首振りを重視するようになったのだ。

 閑話休題、早速使ってみよう。切れ味はとても鋭い。あまり強く当てなくてもちゃんと剃れ、押しつけることもないので、滑って切れる可能性も少なそうだ。

 そして、全方位に対応した首振り機能は便利。アゴのラインもスムーズに剃っていけた。

 今回は軽めに使ったのだが、顔全体がとてもキレイに剃れた。普段は剃った直後はやや剃り負けて、赤くなるのだがそれもナシ。首振り機構とビタミンE配合のアロエスムーザーが効いているのだろう

早速剃ってみました こちらはヒゲを剃っていない顔の左側。小生はアゴのヒゲが堅い こちらがヒゲを剃った後の顔の右側。口横と上あごの側面を軽〜く剃っただけなのだが、とてもキレイになった。アゴ側もジョリジョリ進んでとてもいい感じ

 また、本来の使い方ではないが、試しにすね毛の処理にも使ってみた。すると、顔と同様に、軽く当てるだけてスイスイと剃っていけた。角度が自動的にすねの丸みとフィットする。やはりこの首振り機構はスゴイ。

 カミソリをあまり意識しないで買っている人も多いと思うが、本製品は使い捨てとは思えないくらい使い勝手がよかった。肌が剃り負ける人、お気に入りのカミソリが見つからない人は、コンビニで「iFIT」を購入し、そのスムーズな切れ味をぜひ一度体験していただきたい。





2012年 3月 19日   00:00