記事検索
バックナンバー

やじうまミニレビュー

シルバーマーク「Chop it」

〜まな板なしで食材をカットできる調理用ナイフ
by すずまり


やじうまミニレビューは、生活雑貨やちょっとした便利なグッズなど幅広いジャンルの製品を紹介するコーナーです


その場で野菜や焼いた肉をザクザクカット

シルバーマーク「Chop it」

 調理をしているといろんなことを思うものだ。「ほんの少しカットしたいだけなのに。そのためにまな板と包丁を出したくない。洗い物が増えるだけで面倒」とか、「あ、まな板のスペースがない!」とか、「まな板の上でカットすると転がって散らばるからイヤだな。直接ボウルやフライパンの中に食材を切りながら入れられたらいいのに」とか、「食べやすいサイズに切りたいけど、揚げたてだから火傷しそう」などなど……

 こんなとき役立つのが、食材が切れる調理用のハサミである。実は調理ハサミ1本あれば事足りるというシーンは結構ある。前述の例も、いずれもハサミがあれば解決してしまうことばかりだ。そこで、調理の効率化を計るためのハサミとしてご紹介したいのが、シルバーマークの「Chop it(チョップイット)」である。



メーカー シルバーマーク
製品名 Chop it
希望小売価格 オープンプライス
購入場所 楽天市場
購入価格 3,800円


 「Chop it」は食材を手軽にカットできる調理用のハサミ……といいたいところだが、その見た目がちょっとユニーク。ハサミのように2枚の刃をすりあわせてカットするのではなく、ステンレス製のナイフ部分1本と、まな板の役割も果たすスプーン状のパーツで構成されているのである。受け皿で食材を固定して上から細かいのこぎり状の加工が施されたナイフでザクザクと切っていくイメージだ。

 ペンチを使うような感覚で食材が切れる、まな板付きナイフとでも言おうか。キュウリやトマトといったサラダ用の野菜をボウルの上で切る、ネギなどの薬味を切りながら追加していく、焼いた肉を網の上で食べやすいサイズにカットする、お皿の上でピザをカットするといったことが可能になるのである。グリップ部にはスプリングがついており、ハサミのような穴はないので、使い続けて指に痛みを感じることがなく、右利き用、左利き用など、利き手を心配する必要もないのもうれしい。

なんとなく鯨を連想させるフォルム 先端は食材を乗せられるようスプーン状になっている ロック用のパーツがついたグリップの先端
グリップは滑りにくい処理が施されている ロックを外した状態 隙間掃除用に、小さなブラシが1本付属する
「Chop it」を握ってみたところ ハサミのような穴がないので、連続して使っても指が痛くならない 刃の様子

切れ味はワイルド。鶏肉の皮は苦手!?

 早速身近な野菜や肉をカットしてみた。キュウリはヘタのカットから、輪切りまで「Chop it」のみ。包丁よりもワイルドな切り口だが、これはこれでドレッシングが絡みやすくてよい気がする。

 炒め物に使った小松菜やほうれん草も、「Chop it」で根の部分を切り落としてから、水洗いし、そのままザクザクとフライパンに投下できた。フライパンに入れてからでも「ちょっと大きすぎた?」というとき気軽にカットできるので助かる。

「Chop it」でカットしたキュウリ 切り口はやや粗め 小松菜をボウルの中でザクザクとカットしてみた。乱切り系によさそうだ

キュウリとほうれん草の根元をカットしている様子

 できればまな板を使いたくない例として、油を含んだ揚げたて「とんかつ」のようなものや、焼きたての料理がある。食べやすいサイズにカットしたいのだが、熱いし、そのためだけにまな板が油にまみれるのは抵抗があるのだ。そんなときも「Chop it」の出番。今回はオーブントースターで作ったとんかつを、「Chop it」で一口大にカットした。油が付くのは「Chop it」のみ。ノンフライだったことや、敷いていたアルミホイルは廃棄できるという点で、通常の調理工程に比べて非常に楽だった。

オーブントースターで作った「とんかつ」 「Chop it」で一口大にカット

インドアでも、アウトドアでも役立つツール

 ちょっと食材を切りたいという時に便利なChop itだが、鶏肉については皮がネックになりそうだ。生でも焼いたものでも、皮に柔らかさが残っていると全く切れなかった。皮のない部分はなんとか刃が立つのだが、皮を挟みこんだとたん、「ムニュ」という感触があるだけでちっとも切れない。あらゆる食材を試したわけではないが、弾力のある素材は苦手のようである。

 まな板が占有するスペースはバカにならないだけに、「Chop it」のようなツールは大助かりである。繊細な刻み海苔は作れそうもないが、キッチンに1本常備しておきたいと感じた。インドアなのに、アウトドアっぽい雰囲気が味わえる点もいい。もちろんアウトドアでのバーベキューでも、サラダ作りに、肉のカットにとかなり役立つであろう。




2010年 6月 7日   00:00