家電製品ミニレビュー

これなら置ける! ワインビギナーにおすすめな最小サイズのワインセラー

デバイスタイルホールディングスのワインセラー「CD-7」

 ワインが好きだ。気に入った銘柄があるとまとめ買いしたりして楽しんでいる。それほど高級な銘柄を購入しているわけではないが、ある程度まとまって購入するようになると、ワインの保存場所、つまりワインセラーが欲しくなってきた。

 ワインセラーとは、ワインをおいしく保存するための専用庫のこと。白ワインや赤ワインなど、銘柄に合わせて温度を管理できるのが大きな特徴。ただ、本体サイズが大きいものが多く、自宅に設置するのはハードルが高い。今まで”あこがれ家電”として、置くのを諦めていたが、今回紹介するデバイスタイルホールディングスの「CD-7」という製品を知り、初めて自宅にワインセラーを設置した。

メーカー名 デバイスタイルホールディングス
製品名 CD-7
購入場所 Amazon.co.jp
購入価格 28,483円

 CD-7の最大の特徴は、そのサイズだ。幅150mmで、設置面積は業界最小クラス。本体の高さは825mm、奥行きは525mmなので、カウンター下のちょっとした空きスペースなどに収納できる。実際、我が家でも隙間スペースに設置することができた。

幅150mmですき間スペースに設置可能
本体背面部分
パッキン部分などもしっかりしていて安っぽさは全くない

 本体には7本のワインを収納でき、温度は7〜18℃まで1℃単位で設定可能。冷却にはペルチェ素子を採用し、運転音も抑えている。

 収納本数は限られているものの、機能面は十分満足している。特に赤ワインの場合、冷やしすぎてしまうと、香りやまろやかさが飛んでしまう。ワインセラーを導入してからは、いつでも飲み頃のワインを取り出せるので、あらかじめ冷蔵庫から取り出しておくなどの準備が必要なくなった。

 収納するワインの銘柄によって、温度設定を変更できる点も気に入っている。ワインは白や赤、ロゼなど種類によって、飲み頃の温度が異なる。CD-7では、1℃単位で温度設定できるので、銘柄や種類によって異なる保管温度を調べるなど、これまでと違う楽しみ方ができるようになった。

本体には7本のワインを収納可能
庫内にはLEDライトも設けられている
庫内温度は7〜18℃まで1℃単位で設定できる
ワインの種類や銘柄によって温度管理を調節できるのが魅力

 CD-7で一番気に入っている点は、そのデザインだ。収納本数が少なくコンパクトな製品と聞くと、ともすればチープなデザインになりがちだが、この製品は決してそんなことはない。ワインセラーという製品が醸し出す「ラグジュアリー」な雰囲気は壊さずに、設置のしやすさや使い勝手だけ進化している。

 サイズやデザイン、使い勝手もマルなお気に入りの製品。唯一、困るのはいつでもおいしいワインが飲めてしまうので、ついつい飲み過ぎてしまうことくらいか……。

(阿部 夏子)