家電製品ミニレビュー

ダイソン「DC48 モーターヘッド」

〜十二分な吸引力がありつつ、静かになったバランスの良い掃除機

ダイソン「DC48 モーターヘッド」

 家電Watch編集部から「貴様は掃除機大好き野郎なので、ダイソンの新型サイクロン掃除機を試してみなはれ」風なメールとともに、ダイソンの「DC48」が送られてきた。あ♪ これ最近「30%小型化、40%音を低減」ってCMとかでやってるやつね。早速試すゼ!!

メーカー名 ダイソン
製品名 DC48 モーターヘッド
希望小売価格 オープンプライス
購入場所 ダイソン直販サイト
購入価格 97,800円

 DC48は、ダイソンが日本市場向けに開発&発売したサイクロン掃除機シリーズで、DC46と比べて30%の小型化と40%の騒音低減を実現したという。ヘッド部にモーターが搭載された「DC48 モーターヘッド」と、そうでない「DC48 タービンヘッド」の2機種がある。それぞれの2種類のカラーバリエーションが用意されている。

ヘッド部にモーターが搭載された「DC48 モーターヘッド」。カラーは、左がアイアン/サテンパープル、右がアイアン/サテンフューシャ。ダイソンオンラインストア価格は97,800円
ヘッド部にモーターを搭載しない「DC48 タービンヘッド」。カラーは、左がアイアン/サテンブルー、右がアイアン/サテンイエロー。ダイソンオンラインストア価格は89,800円

 ちなみに、ヘッド部の違いである「モーターヘッド」と「タービンヘッド」だが、モーターヘッドの方は電動モーターでヘッド内のブラシを回転させるタイプ。タービンヘッドは吸い込む空気の流れでブラシを回転させるタイプとなる。前者は絨毯でも床でもオールマイティに使えて、後者はどちらかと言えば床向きというイメージですな。

 で、今回試用したのは、ヘッドにモーターを内蔵する「DC48 モーターヘッド」。カラーはアイアン/サテンフューシャだった。

今回試用した「DC48 モーターヘッド」
カラーはアイアン/サテンフューシャ
ヘッド内のブラシがモーターで回転するタイプだ

 さて、まず本体の印象だが、なるほど確かに小型。サイズは192×361×253mm(幅×奥行き×高さ)で、質量は本体が質量2.7kg、全体質量が4.75kgとなっている。重さ的には「軽い」ってほどではないが、サイズは「日本メーカー製掃除機より小さいかも!?」という印象だ。

小柄な女性が本体を手に持って使っている様子。小さくて持ちやすい
拙宅巨猫と並んだ様子。本体は「普通サイズの猫が佇んだくらい」のサイズ感だ
本体にパイプを固定でき、こんな感じでパイプ/ホース部が自立する

 そして期待の騒音。静かになってるのかな〜? 使ってみたところ、まあまあ、まずまず、といった感じ。過去のダイソン製サイクロン製掃除機の「動作音がウルサイ」というイメージからすれば、静かにはなっていると思う。が、こういったキャニスター型掃除機としては普通レベルであるような気がする。

 ちなみに、吸引力は強と弱を切り替えられる。もちろん強のほうが騒音が大きい。弱にすれば騒音が小さくなるものの、ダイソン製掃除機独自のやや甲高い騒音───ヒュィ〜ンみたいな音で、けっこー音の通りがよいので、夜間に使うにはちょっと躊躇する感じ。

 なお、吸引力は十分強いと感じられた。鉱物系の猫砂を始めとする重めのゴミもよく吸うし、モーターヘッドとカーボンファイバーブラシの効果で床に静電気で付着した細かなホコリもサッと除去できた。

既にけっこーキレイな状態のフローリングを軽く掃除した結果。掃除しきれていなかったゴミやホコリがかなり集まった
モーターヘッドのブラシの一部はカーボンファイバーの毛が植え込まれたもの。これにより、静電気で付着したホコリなども除去できる。また、ブラシの摩擦による静電気も起きにくい
電源のオンオフなどはパイプのハンドル部で行なえるほか、本体の赤いボタンを押してもオンオフできる。モーターヘッドのブラシは、回転のオンオフが可能だ

 しばらく使って「これはやっぱりイイ」と感じられたのは、本体の転がり方。DC48には、DC46と同様のBallテクノロジーが搭載されている。低重心の本体が底面中央あたりを軸に回転するので、パイプ/ホースで引っ張られた方向に軽く向きを変え、障害物が多い場所でもそれらをスムーズにすり抜けてくれるという設計ですな。

 軽く引くだけでも本体が向きを変えてくれるので、家具などに当たりにくくて気分がイイ。てか、向きを変えにくい掃除機って使っていて「イラッ」とするじゃないですか。DC48の場合、「小回りが効いて気持ちイイ〜」というよりは、「イラつきにくい分、気分を害されない」という使用感である。

ダイソン独自の「Ballテクノロジー」が搭載されている
軽い力で向きを変え、家具などの間もすり抜けやすい
重心が低いので本体が倒れたりすることもまずない

 それから、ダイソンのキャニスター型掃除機を使うといつも思うのが、付属ヘッド類の利便。DC48には6種類のヘッドが付属しており、それぞれ、モーターヘッド、タングルフリータービンツール、フレキシブル隙間ノズル、フトンツール、ソフトブラシツールとなる。それぞれの使い勝手を写真とともに見ていこう。

モーターヘッドはブラシがモーターで回転するヘッド。ブラシの一部にカーボンファイバー素材が使われており、静電気を起こしにくく、静電気で床にこびりついた細かなホコリの除去もしやすい。ヘッド幅は約21cm
タングルフリータービンツールは、逆回転する2つのブラシを持つヘッドで、ブラシは吸い込む空気の力で回転する。カーペットなどに絡まりにくい。ヘッド幅は約12cm
逆回転する2つのブラシ。かなり力強く回る。カーペットの毛くずなどをしっかり除去してくれるという印象
フレキシブル隙間ノズルは、約35〜55cmに伸縮する隙間ノズルで、黒い部分がわりと柔軟に曲がる(フレキシブル)。部屋の隅や壁などに押し当てながら掃除できるので、汚れを掻き落とすように除去できる
フトンツールは文字通りフトン用のヘッドで、吸引面に「服のホコリを取るエチケットブラシ的な素材」が付いている。フトン表面の糸くずや毛などを除去しつつ掃除できる
ソフトブラシツーは柔らかく長めのブラシを持つヘッド。吸引面には短い毛があるので、たとえば液晶画面にやや押し当てつつ掃除するのも現実的。ほか、障子や壁や家具など、表面がデリケートな箇所の掃除によく向く

 全体的に不満はほとんど感じられなかったDC48だが、ひとつ「ちょっとヤだな」と思うコトが。従来のダイソン製掃除機(主にキャニスター型)でも同様なんだが、排気がけっこー熱いというコト。とりわけこのDC48は熱いような気がする。排気口に手を近づけ続けるのがやや難しいくらいの熱風が出る。

 試用中に「こんなに熱かったけ!?」と心配になり、思わず「話そうダイソンお客様相談室」の0120-295-731に電話してしまった。ら、そういうモノだそうで、この熱風でも正常とのこと。異常があった場合はサーモスタット等々の安全機構が機能して掃除機が止まるのでご安心ください、てな感じであった。

 この熱風、モーターを冷却するために生じるものなんだそうで。危険なモノではないと思うが、暖房並みの温度って感じ。掃除機から熱風はな〜んか感覚的にイヤかも、と思った次第である。

 てな感じのDC48。サイクロン式掃除機として十二分な吸引力がありつつ、まあ確かに静かになったし、本体もコンパクトでハンドリングが良い。付属のアタッチメント類も実用性が高くてイイですな。製品としてのそういったバランスの良さを改めて考えると、ん〜やっぱり欲しい!! みたいな気分になる。

 のだが、この「C48 モーターヘッド」、やっぱりかなりお高いんですのよ奥様。いかほどかしら? 実勢価格で89,000円前後ですってよ。んまぁ。みたいな。

 いや、実用性とか付属ヘッドの充実度とか性能とかコンパクトさとかいろいろ考え合わせると「まあまあ納得できる価格」ではある。が、最近は日本メーカーの完成度の高いサイクロン式掃除機も増えていて、より手頃な価格の製品も多い。比べちゃうと、ダイソンのDC48とかってやっぱり高級機になっちゃって、購入に迷いが生じたりもする。

 でもまあ、サイクロン式掃除機として非常に完成度が高いと感じさせるDC48。興味のある方は、そのサイズ感や取り回し感の確認も兼ねて、ぜひ一度、店頭などで実機に触れてみてほしい。

(スタパ齋藤)