家電Watch logo
記事検索
バックナンバー
【 2009/03/30 】
やじうまミニレビュー
DO-SEE「LEDライト付きスタンドルーペ」
[00:01]
家電製品ミニレビュー
ツインバード「コンパクトフライヤー EP-4694」
[00:01]
【 2009/03/27 】
家電製品ミニレビュー
三菱「蒸気レスIH NJ-XS10J」
[00:02]
やじうまミニレビュー
L.L.Bean「ボート・アンド・トート・バッグ」
[00:01]
【 2009/03/26 】
やじうまミニレビュー
アイリスオーヤマ「サイバークリーン」
[00:01]
家電製品長期レビュー
三洋電機「eneloop bike」(4/4)
[00:00]
【 2009/03/25 】
やじうまミニレビュー
オーエフティー「自動給餌機 Newビストロ」
[00:01]
家電製品ミニレビュー
日立「クリエア7 EP-CV1000」
[00:00]
【 2009/03/24 】
やじうまミニレビュー
「家庭菜園 かいわれくん」
[00:02]
長期レビュー
シャープ「プラズマクラスターイオン発生器&加湿空気清浄機」 (4/4)
[00:01]
【 2009/03/23 】
やじうまミニレビュー
撥水ペーパーのメモ帳と“現場仕様”のボールペンを試す
[00:01]
長期レビュー
三洋電機「eneloop bike」 (3/4)
[00:00]

やじうまミニレビュー
タカラトミー「ギガプリン」

〜なんと20人分! 夢の特大プリン
Reported by 本誌:正藤 慶一

タカラトミー「ギガプリン」。ヨドバシカメラやドンキホーテなどでも売られている
 大きなプリンを独り占めして食べられたら……。スイーツ大好きの甘党の人ならば、そんなことを一度は考えたことがあるかもしれない。

 しかし、それは妄想ではなく、パーティーグッズとして現に商品化されている。タカラトミーの「ギガプリン」である。既に6月19日のニュースにて取り上げており、最近では店頭でも並び始めているので、ご存知の方も多いだろう。20人前の巨大なプリンが作れるという調理キットである。

 基本的にパーティーを盛り上げるためのグッズではあるが、パッケージには「食後のおやつに!」と一人で食べているイラストが描かれている。甘党としてはこれをぜひとも一人で平らげてみたく、購入した。


パッケージに描かれていた完成予想イラスト 1個で20人分の特大プリンができあがる パッケージに描かれていた楽しみ方のイラスト。基本的にはパーティー用グッズだが、食後のおやつとして1人で食べているイラストも掲載されていた
メーカータカラトミー
製品名ギガプリン
購入場所Amazon.co.jp
価格2,862円


バケツ内には、プリンを作るための用具が入っている
 パッケージ内容は、専用のバケツの中に、プリンの素・カラメルソースの素(いずれも粉末)・巨大なスプーン「ギガスプーン」・取扱説明書、というシンプルなもの。対象年齢は8歳からということもあって、説明書はイラスト入り。裏面にはギガプリンのキャラクター「ギガプリオ」たちによる4コマ漫画もあり、子供でも楽しめそうな作りになっている。

 一般的にプリンを作るには、ミルクや卵、砂糖などが必要になるが、ギガプリンでは基本的には付属の素を使えば作れるので、別途食材を揃えることもない。ただし、容量2L以上の大きなボウル(プリンの素を入れるのに使用する)、泡だて器(プリンの素をかき混ぜる)、カップ(カラメルソースを作る)、大きい皿(プリンをひっくり返す)は、自前でそろえるよう指示されている。


パッケージ内容は右からスプーン、カラメルソースの素、プリンの素、取扱説明書(2枚) 手順はイラストで示されているため分かりやすい。裏面にはギガプリンのキャラクターによる4コマ漫画もある

 それでは調理に入ろう。まずはボウルにプリンの素を入れ、1.6Lの熱湯を注ぐ。そして、粉が完全に溶けるまで混ぜる。混ぜ終わったら、専用のバケツの中にプリン液を流し込む。なお、プリンの素に熱湯を注ぐと、かなり甘いミルクセーキのような香りが立ち込める。

 次はカラメルソースづくりだ。カップにカラメルソースの素を入れ、熱湯を170ml注ぎ入れて、粉が完全に溶けるまでまた混ぜる。これが終わったら、プリン液が入ったバケツにカラメルソース液を流し入れる。「これではプリンと混ざってしまわないか?」と心配したくなるが、説明書によるとカラメルソースは容器底部に沈殿するため、混ざり合うことはないようだ。なお、今回は用意したカップが小さすぎて、カラメルがうまく混ぜられなかったため、プリン液を作ったボウルに入れて混ぜ直した。

 カラメルをバケツに流し入れたら、フタをしてバケツを冷蔵庫の中に入れ、10時間以上冷やす。かなりの長時間だが、これが短いと完成時にプリンが崩れてしまうようだ。というわけで、パーティーで使うには、その前日に仕込んでおくことが重要になる。


まずは大きめのボウルを用意し、プリンの素を入れる。粉は白い 次に、90℃以上の熱湯1.6Lをボウルに注ぐ。ここでやっとプリンらしい黄色になる 粉が溶けたら、バケツ内部にプリン液を注ぎ入れる。室内にはミルクセーキのような甘い香りが漂う

カップを用意し、中にカラメルソースの素を入れる
お湯を170ml注ぎ、混ぜる
カラメルソースの素を溶かした液を、プリン液の入ったバケツ内に注ぎ入れる。用意したカップは少々小さすぎたため、カラメルソースはプリン液を混ぜたボウルに入れ直した

カラメルを入れた後は、液の熱を冷ましたとフタを閉じて…… 冷蔵庫で10時間以上保存する

 そして翌日。冷蔵庫からバケツを取り出し中を見ると、昨日までは液体だったプリンがしっかりと固まっているのがわかる。あとはギガスプーンでプリンと容器の間に空気を入れて、皿と一緒にひっくり返すだけだ。

 ヒョイっとひっくり返し、ジワジワとバケツを上げ、ギガプリンが顔を出した。プリン部もカラメル部も問題なく固まっており、崩れることもなかった。我ながらうまくできたとニヤけてしまう。


翌日フタを開けると、液体だったプリンが固まっている ギガスプーンの柄で空気を入れ……

皿の上に逆さにしてプリンを取り出す。緊張の一瞬 プリンを取り出したところ。崩れることもなく、良い具合にできたのではないかと自画自賛

 それにしても大きい! サイズは直径20cm、高さも20cmといったところか。比較のためにコンビニで買ってきた明治乳業の「明治プリン 超Big」を隣に置いてみたが、比較的プリンでも大きめな「明治プリン超Big」ですらビッグに思えない。これにはさすがに興奮するものがある。

 試食してみると、これぞプリンといったプルプルとした食感だ。18時間と長めに冷やしてしまったせいか、若干とろける感触は薄いものの、問題ないレベルと言ってよいだろう。


直径・幅ともに約20cmほど。とにかく大きい 写真は明治乳業の「明治プリン 超Big」。プリンにしては大きいほうなのだが、ギガプリンの前ではさすがに小さく見える ギガスプーンでいただく。柔らかい感触はまさにプリン

皿を揺らすとプルプルと震えるギガプリン

味は淡白で物足りなかった。説明書では、プリンの素を作る際に牛乳やココナッツミルクを入れると、よりおいしくなるとあった
 ただし、味の面では物足りなさを感じてしまった。「明治プリン 超Big」と比べると、甘さと濃厚さが足りず、淡白だ。実は説明書では「もっとおいしくなる方法」として、“牛乳やココナッツミルクを加えるとコクがでてまろやかになる”と指摘されている。これをやっていれば、もっと美味しくなっただろうに……。後の祭りである。コンビニで売られているようなプリンの味を目指す人は、ぜひとも牛乳やココナッツミルクなどの食材を加えながら作られることを推奨したい。

 注意点としてもう1つ。今回は一人で食べるために作ったが、これはどうにもムリがある。なんたって20人分なので、プリンのひとヤマを崩しただけでも腹がいっぱいになってしまう。後で食べようとバケツに戻そうとしたが、手元が滑ってプリンが床に崩れ落ちてしまった……。夢にまで見た自分専用のでっかいプリンが、このような形で夢破れてしまうのは悲しすぎる。よほどのスイーツ好き、それもプリン好きの人以外には、1人用としては勧められない。やはり大人数が集まるパーティー向けの製品であることは間違いない。

 電気や包丁などを使わずに、食材やトッピングで味を変えられることを考えると、子供たちがパーティーのために作る、といったシチュエーションに最も向いているだろう。大きなプリンがドーンと顔を出す瞬間は、盛り上がることは間違いない。クリスマスパーティーを盛り上げるための隠しメニューとしてオススメしたい。

 今回私は挫折してしまったが、中にはどうしてもひとりで食べたい、という猛者もいるだろう。甘党の宿命を止めはしない。健闘を祈る!





URL
  タカラトミー
  http://www.takaratomy.co.jp/
  ギガプリン
  http://www.takaratomy.co.jp/products/gigapudding/

関連記事
【東京おもちゃショー2008】
タカラトミー:フード編(2008/06/19)




PR  



2008/12/05 00:01

- ページの先頭へ-

家電Watch ホームページ
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.