家電Watch logo
記事検索
バックナンバー
【 2009/03/30 】
やじうまミニレビュー
DO-SEE「LEDライト付きスタンドルーペ」
[00:01]
家電製品ミニレビュー
ツインバード「コンパクトフライヤー EP-4694」
[00:01]
【 2009/03/27 】
家電製品ミニレビュー
三菱「蒸気レスIH NJ-XS10J」
[00:02]
やじうまミニレビュー
L.L.Bean「ボート・アンド・トート・バッグ」
[00:01]
【 2009/03/26 】
やじうまミニレビュー
アイリスオーヤマ「サイバークリーン」
[00:01]
家電製品長期レビュー
三洋電機「eneloop bike」(4/4)
[00:00]
【 2009/03/25 】
やじうまミニレビュー
オーエフティー「自動給餌機 Newビストロ」
[00:01]
家電製品ミニレビュー
日立「クリエア7 EP-CV1000」
[00:00]
【 2009/03/24 】
やじうまミニレビュー
「家庭菜園 かいわれくん」
[00:02]
長期レビュー
シャープ「プラズマクラスターイオン発生器&加湿空気清浄機」 (4/4)
[00:01]
【 2009/03/23 】
やじうまミニレビュー
撥水ペーパーのメモ帳と“現場仕様”のボールペンを試す
[00:01]
長期レビュー
三洋電機「eneloop bike」 (3/4)
[00:00]

やじうまミニレビュー
バンダイ「バブリーバブルバス」

〜高級感が溢れすぎるバブルバス
Reported by 林 佑樹

とてもバブリーな12個入り用パッケージ
 「お風呂は命の洗濯」――某アニメでこんな言葉があったと思うが、その通りお風呂はステキだ。安らぐし、ストレス解消になる。入浴に欠かせない存在が入浴剤だ。温泉大好き日本人のニーズに合わせて、草津や箱根、別府などの温泉入浴剤や疲労回復に徹底した入浴剤など、何種類あるんだろうと気になるほど。筆者はバブばかりなのだが、先日、編集I氏からすごい入浴剤が届いた。その名もバンダイ「バブリーバブルバス泡入浴剤」!! なんとなく名前で想像がつきそうなアイテムである。

 カンタンに説明するとお札っぽいデザインで、ときどき雑誌の広告にあるお札風呂を体験できるというもの。今回は楽天市場で12個入りのものを2,940円で購入したが、人気商品らしく、売り切れが目立った。

メーカーバンダイ
製品名バブリーバブルバス
希望小売価格1個250円
購入場所楽天市場
購入価格12個セット価格で2,940円


パッケージを開けると1セット10枚入りの箱が入っている
バブル銀行拾万円札。笑顔の諭吉先生のインパクトがすごい
並べて遊びたくなってくる不思議な魅力をもっている

 パッケージを開けてみると中にはお札っぽいサイズ・色の入浴剤が10枚入っており、もちろん、笑顔の福沢諭吉もプリントされている。また説明書にはお金にまつわる格言があり、とことんこだわってるのがよくわかるのだ。また「バブリーハンカチ」プレゼントキャンペーンをしているようで、そのアタリハズレもわかるようになっている。


入浴剤本体。もちろん、お札っぽい印刷が施されている
説明書には使用方法などが記載されている

裏面には「お金にまつわる格言」が書かれている。5つほど開けてみたがダブりなし。何種類あるんだろうか
10枚入り。並べてみるのは当然のことだ

 実際にお風呂に浮かべてみた。「このアイテムを手にした翌日から競馬で当たって、昇進もしてしまいました! いいんでしょうか!? 2万円のアイテムでこんなに幸せになっちゃって!」とかいう広告を思い出さずにはいられない。ここで暴露してしまうが、その昔、一度だけこの手の原稿を書いたことがある。そのときの自分に言ってやりたい。モデルもやりますと言えと!

 話を戻そう。使い方はまず浴槽3分の2程度にお湯を張り、1枚ずつ入れていく。そのとき20枚くらい入れてしまいたくなるが、10枚以内が推奨されている。そしてお札が溶けたらお湯表面に強くシャワーを当てたり、お湯表面を手のひらで叩いたりすると泡立ってくるのだ。

 しかしながら10枚以内だとなんか物足りない。確かにお札っぽいものが浮いているだけでもバブル感はあるのだが、超氷河期世代の筆者が持つバブリーイメージとは違う。そんなわけで、50枚ほど浮かべてみた。先に言っておくが、バスの底に溶けきらなかったヌメヌメが大量に残ってしまうし、10枚以内のほうが泡立ちがいいのでオススメしない。


50枚ともなると、さすがに分厚い
お風呂にお湯を張って、50枚を一気に投入してみよう
風呂一面が埋まるかと思いきや、埋まらず……

50枚を投げ入れたバブリーな状態からシャワーを強く当てて、泡立ててみた。ちなみに10枚以内のほうが泡立ちがいい

 泡がいっぱいのお風呂はいつも違った感覚でお風呂に入れて楽しい。またいつもよりお肌の潤いがイイ感じだし、ヒノキの香りでリラックスできる。見た目はどう考えてもイロモノだが、入浴剤としての機能はバッチリ。たまには雰囲気を変えたお風呂に入りたい、バブリーな気分に浸りたいといった人にオススメで、プレゼントにもクリティカルな効果を発揮するだろう。発見したならば、即座にゲットしておきたいアイテムだ。





URL
  株式会社バンダイ
  http://www.bandai.co.jp/
  製品情報
  http://catalog.bandai.co.jp/item/4543112525901000.html

関連記事
やじうまミニレビュー
LUSH「バス・ボム」(2007/12/03)




PR  




2008/09/16 00:02

- ページの先頭へ-

家電Watch ホームページ
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.