家電Watch logo
記事検索
バックナンバー
【 2009/03/30 】
やじうまミニレビュー
DO-SEE「LEDライト付きスタンドルーペ」
[00:01]
家電製品ミニレビュー
ツインバード「コンパクトフライヤー EP-4694」
[00:01]
【 2009/03/27 】
家電製品ミニレビュー
三菱「蒸気レスIH NJ-XS10J」
[00:02]
やじうまミニレビュー
L.L.Bean「ボート・アンド・トート・バッグ」
[00:01]
【 2009/03/26 】
やじうまミニレビュー
アイリスオーヤマ「サイバークリーン」
[00:01]
家電製品長期レビュー
三洋電機「eneloop bike」(4/4)
[00:00]
【 2009/03/25 】
やじうまミニレビュー
オーエフティー「自動給餌機 Newビストロ」
[00:01]
家電製品ミニレビュー
日立「クリエア7 EP-CV1000」
[00:00]
【 2009/03/24 】
やじうまミニレビュー
「家庭菜園 かいわれくん」
[00:02]
長期レビュー
シャープ「プラズマクラスターイオン発生器&加湿空気清浄機」 (4/4)
[00:01]
【 2009/03/23 】
やじうまミニレビュー
撥水ペーパーのメモ帳と“現場仕様”のボールペンを試す
[00:01]
長期レビュー
三洋電機「eneloop bike」 (3/4)
[00:00]

家電製品ミニレビュー
メトロ電気工業「MK-44」

〜レトロな雰囲気のハロゲン火鉢ヒーター
Reported by 本誌:伊達 浩二

メトロ電気工業「MK-44」
 メトロ電気工業は、1913年に創業した歴史あるメーカーで、家電品ではこたつやその関連部品を得意としている。以前、テーブルの下に置いて使うフットヒーターをレビューしているが、これもこたつの技術を生かしたユニークな製品だった。

 今回紹介するのは、「ハロゲン火鉢ヒーター MK-44」という製品だ。価格はオープンプライスで、楽天市場での購入価格は24,675円だった。

 まず、「火鉢」の説明から始めたい。これは昔からある暖房器具で、鉄や陶器でできた器のなかに灰を入れ、そこで炭を燃やして暖を取るものだ。四角い物や丸い物、木製のものや鉄のものなどいろいろな形と素材があるという。部屋全体を暖めるというよりは、人がその前に座って、手や顔を暖めるものだ。余談だが、大正期や戦前の小説を読んでいると出てくる「手あぶり」というのは小型の火鉢のことだ。

 という知識はあっても、私は実際に使ったことはない。祖父の家で瀬戸物の丸火鉢を見た記憶があるが、それはもう石油ストーブに追われて、使われてはいなかった。しかし、妻の祖父は、妻が小学生のころまで真鍮製の火鉢を使っていたそうだ。炭火を管理するのは大変そうに思うのだが、慣れているので、特に苦にしているようには見えなかったそうだ。

 さて、話を戻すと「MK-44」は、この火鉢の中にハロゲンヒーターを入れて、現代に復活させたものだ。さしずめ「電気火鉢」というところだろう。MK-44の本体は大型の磁器で、中国の景徳鎮製だ。パッケージには景徳鎮を証する証書までついてくる。景徳鎮は陶磁器の名産地で、そこから算出された壺や茶器などを博物館で見たことはあるが、我が家には初めてのご来訪だ。


本体は磁器で出来ている
電熱部は本体内部に設置されている

鉢のフチの部分はなめらかだ
30cm定規がやっと引っかかるくらいの大きさ

 MK-44はとても大きく重い。本体の直径は44cmあり、穴の大きさは30cm定規がやっとひっかかるぐらいだ。高さも32cmある。重量は約16kgに達し、大人が寄りかかっても簡単には動かない。

 この壺に惜しげもなく、穴が開けられており、電源コードが直接生えている。電源コードの途中にコントローラがあり、暖かさが調整できるのはこたつと同じだ。ハロゲンヒーターの消費電力は480Wあるので、かなり暖かい。ヒーターの上には五徳があり、やかんも載せられる。安全装置の温度ヒューズが入っており、ヒーターの温度は96度で制限されているが、お湯を沸かすこともできる。


本体の端からは電源コードがでている 電源コードは磁器に直接穴を開けて、中の電熱部と直結している 暖かさは電子式のコントローラーで無段階に調節できる

電源を入れたところ。中の電熱部が赤くなるので、見た目にも暖かさを感じる ヒーターの上には五徳が載っておりヤカンなども載せられる 付属の円形マットの上に置いて使う

ボリュームのある大きさで「和風インテリアグッズ」として使えそうだ
 というわけで、6畳の和室に置いてみたのだが、周りに物が多すぎて落ち着かない。これはきちんと片付いた部屋でないと収まらない大きさだ。あきらめてリビングに置いてみると、これはこれで落ち着いている。最近のテレビ用語で言えば「和のテイスト」ってやつだろうか。ボリュームある大きさなので、6畳以上の家具が少なく良く片付いた部屋で使うことをお勧めしたい。

 火鉢の前に座り、鉢の縁に肘をついていると上半身が温かい。ハロゲンヒーターなので、直火もないし、空気も汚れない。やかんを載せておけば加湿にもなるだろう。インテリア的に好みにあえば、面白い暖房器具だと思う。

 こういうものを作るメーカーには敬意を感じるが、2つだけ希望がある。まず、もう少し小さい形のものはできないだろうか。手あぶりと割り切って小出力のヒーターを使って、簡単に持ち歩ける物がほしい。

 もう1つは、製品の梱包方法を改善してほしい。この製品は販売店経由ではなく、メーカーから直送されてきたのだが、かなりラフな梱包で磁器の側面がむきだしになっている部分もあった。自宅へ送付する際に、宅配便の担当の人に相談して梱包し直してもらったので参考にしてほしい。せっかくの景徳鎮なのだから、割れる可能性の少ないようにがっちりと梱包してほしいと思う。


到着時の梱包状態。磁器の一部が向きだしになっているなどラフな梱包が気になった 宅配便の人に相談して梱包し直してもらった。磁器製で値段もそう安いモノではないので、きちんとした梱包を期待したい




URL
  メトロ電気工業
  http://www.metro-co.com/
  製品情報
  http://www.metro-co.com/products/kotatsu/halogen/index.html

関連記事
家電製品ミニレビュー
メトロ電気工業「フットヒーター MFH-320ET」(2006/12/13)




PR  




2007/10/26 00:00

- ページの先頭へ-

家電Watch ホームページ
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.