家電Watch logo
記事検索
バックナンバー
【 2009/03/30 】
やじうまミニレビュー
DO-SEE「LEDライト付きスタンドルーペ」
[00:01]
家電製品ミニレビュー
ツインバード「コンパクトフライヤー EP-4694」
[00:01]
【 2009/03/27 】
家電製品ミニレビュー
三菱「蒸気レスIH NJ-XS10J」
[00:02]
やじうまミニレビュー
L.L.Bean「ボート・アンド・トート・バッグ」
[00:01]
【 2009/03/26 】
やじうまミニレビュー
アイリスオーヤマ「サイバークリーン」
[00:01]
家電製品長期レビュー
三洋電機「eneloop bike」(4/4)
[00:00]
【 2009/03/25 】
やじうまミニレビュー
オーエフティー「自動給餌機 Newビストロ」
[00:01]
家電製品ミニレビュー
日立「クリエア7 EP-CV1000」
[00:00]
【 2009/03/24 】
やじうまミニレビュー
「家庭菜園 かいわれくん」
[00:02]
長期レビュー
シャープ「プラズマクラスターイオン発生器&加湿空気清浄機」 (4/4)
[00:01]
【 2009/03/23 】
やじうまミニレビュー
撥水ペーパーのメモ帳と“現場仕様”のボールペンを試す
[00:01]
長期レビュー
三洋電機「eneloop bike」 (3/4)
[00:00]

家電製品ミニレビュー
無印良品「扇風機 R-MS20」

〜使うためにデザインされた扇風機
Reported by 本誌:伊達 浩二

無印良品「R-MS20」
 無印良品(株式会社良品計画)の扇風機「R-MS20」は、特に新しい機能があるというわけではないが、使っているとその良さがわかってくる製品だ。

 無印良品のネットストアでの購入価格は5,250円(送料別)だった。なお、取扱説明書には、輸入元森田電工株式会社、販売元良品計画と記載されている。

 デザインは、無印良品の製品に共通した、白を基調としたシンプルでクリーンなものだ。

 全体にがっしりとしたフォルムで、支柱や、モーターのケース部分などは、一般の製品よりも太い。また、羽根が3枚羽根で1枚ずつが大きいことや、羽根の前カバーにある中心の円が大きいことも、線の太い印象を与える。


 見た目の印象だけではなく、実際にサイズも大きい。写真を見てもらうとわかるが、以前に紹介した岩谷産業の扇風機「髪サラ アロマ」の本体の高さが68〜83cmなのに対し、今回の無印良品の高さは84〜104cmある。つまり、岩谷が首をいっぱい伸ばした状態と、無印の普通の状態が同じぐらいの高さになる。今年紹介した扇風機の中でもナショナルのF-CA325と並んで一番大きいクラスに属する。広いリビングや、ダイニングで高めの椅子を使うような場合でも高さが足りないということはないだろう。


一番高くした状態
一番低くした状態
柱の途中にある丸いボタンを押すと首が伸びる、たたむときはボタンを押さなくても良い

 また、3kg台が多いリビング扇としては珍しく、重量も5.4kgある。これはベース部分にかなり重量を割いているためで、首をいっぱいに伸ばした状態でも安定している。

 デザイン上のもう1つの特徴は、メッキ部品が使用されていないことだ。ガードの部分も塗装されており、本体には光っている部分がない。クロームメッキが多用されることが多い扇風機としては異彩を放つデザインで、無印良品らしいプレーンな印象を受ける。


モーター部分を背面から見た状態。通常の扇風機よりカバーが一回り大きい。カバーは全体をフルに覆っており、カムなどの金属部品は外からは見えない 羽根は3枚羽根。ガードは前後とも塗装されている

 また、メッキ部品と同様に、LEDも少ない。ベース部分に四角くまとめられた操作部分の、風量とタイマーの表示に使われているだけだ。なお、この部分にはフタがついており、フタがリモコンになっている。

 操作部分のボタンは「電源」「風量」「リズム」「タイマー」「首振」の5つだ。「風量」は1/2/3の3段階切り替え、タイマーも1/3/6時間の3段階となっている。電源が入っているときにタイマーボタンを押すと切タイマーに、電源が入っていないときに押すと入タイマーになる。「リズム」は通常の風と強弱を付けた風の切り替え、「首振」は左右の首振りの開始と停止が操作できる。

 リモコンのボタンも、本体の操作ボタンと同じ形に並んでいる。操作方法も同じなので、とまどうことはない。ただ、リモコンの受光部はベース部分にあるため、やや下向きにして操作しないと反応しない場合があった。


ベース部分。操作部分はリモコンが蓋になっているので、ボタンやLEDが一切見えない
リモコンを開けた状態。ベース部分の電源スイッチの上にある黒い部分が受光部

対照的なデザインの両機種。右が前回紹介した「髪サラ アロマ」で、首を伸ばすと左の無印と同じぐらいの高さになる
最後に、リビングルームと寝室を中心に、3週間ほど使ってみた印象を述べて終わりしよう。このR-MS20は、太く大きく見える造形なのだが、光る部品がないこともあって、あまり大きく感じない。リビングに置いた印象では、岩谷産業の扇風機と同じぐらいの大きさに感じていた。2つ並べてみて、あまりの大きさの違いに驚いたぐらいだ。R-MS20が、いかにも無印良品らしい“うるさくない”デザインであることの実証だろう。

 寝室で使っているときに一番ありがたかったのは、切タイマーを設定して、リモコンを本体に戻すと、LEDの明かりが漏れないことだ。私は、真っ暗でないと眠れないたちなので、こういうことがとてもありがたい。ただ、こういう使い方をする場合は、風量の1が、もう少し弱い微風であってほしいと感じることがあった。

 R-MS20は、単に「白い扇風機」というだけではなく、使いやすさも含めた全体のデザインがよく考えられており、使っていて好感が持てた。数ある無印良品の家電の中でも、無印良品エッセンスの濃度が濃いと感じる。単に外観だけでなく、使われ方までデザイナーの神経が行き届いていると思う時があった。無印良品のファンだけではなく、シンプルなデザインの扇風機を探している人に広く勧められる製品だ。
 





URL
  株式会社良品計画
  http://www.muji.net/
  製品情報
  http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4548076664741

関連記事
家電製品ミニレビュー
岩谷産業「髪サラ アロマ 液晶クロックリモコンタイプ」(2007/07/23)




PR  




2007/08/02 00:01

- ページの先頭へ-

家電Watch ホームページ
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.