家電Watch logo
記事検索
バックナンバー
【 2009/03/30 】
やじうまミニレビュー
DO-SEE「LEDライト付きスタンドルーペ」
[00:01]
家電製品ミニレビュー
ツインバード「コンパクトフライヤー EP-4694」
[00:01]
【 2009/03/27 】
家電製品ミニレビュー
三菱「蒸気レスIH NJ-XS10J」
[00:02]
やじうまミニレビュー
L.L.Bean「ボート・アンド・トート・バッグ」
[00:01]
【 2009/03/26 】
やじうまミニレビュー
アイリスオーヤマ「サイバークリーン」
[00:01]
家電製品長期レビュー
三洋電機「eneloop bike」(4/4)
[00:00]
【 2009/03/25 】
やじうまミニレビュー
オーエフティー「自動給餌機 Newビストロ」
[00:01]
家電製品ミニレビュー
日立「クリエア7 EP-CV1000」
[00:00]
【 2009/03/24 】
やじうまミニレビュー
「家庭菜園 かいわれくん」
[00:02]
長期レビュー
シャープ「プラズマクラスターイオン発生器&加湿空気清浄機」 (4/4)
[00:01]
【 2009/03/23 】
やじうまミニレビュー
撥水ペーパーのメモ帳と“現場仕様”のボールペンを試す
[00:01]
長期レビュー
三洋電機「eneloop bike」 (3/4)
[00:00]

家電製品ミニレビュー
国際貿易関西「Egglutt CH-06L」

〜卵形でかわいい小型冷温庫
Reported by 平澤 寿康

国際貿易関西 冷温庫「Egglutt CH-06L」
 今年の夏はかなりの猛暑になると予想されており、新たに気象用語に加わった気温35度以上の「猛暑日」という言葉が、さっそく飛び交うことになりそうだ。

 そんな暑い夏に飛ぶように売れるものといえば、やはりビールだろう。枝豆など食べながらキンキンに冷えたビールをグイッと飲む。これぞ暑い夏の至高のひとときではないだろうか。アルコールに強くない方なら、これがお茶やジュース類に変わるかもしれないが、なんにせよ暑い夏には冷えた飲み物は不可欠。できることなら、すぐ手が届く範囲内に冷えた飲み物を常に置いておきたい。

 そんな願いを叶えてくれるのが、小型の冷蔵庫だ。身近な場所に置いておけば、すぐに冷たい飲み物が飲める。しかも、寝るときに枕元に置いておけば、夜中に暑さで目が覚めた時でもすぐにクールダウンが可能。これはかなり魅力的なはず。というわけで、猛暑に備えて小型冷蔵庫を導入してみることにした。

 購入したのは、国際貿易関西が発売している小型冷温庫「Egglutt CH-06L」(以下CH-06L)。卵形のおしゃれなデザインが気に入っての選択だ。大手家電量販店で8,900円だった。

 特徴は、やはりそのデザインだ。小型冷蔵庫は比較的無骨なデザインのものが多く見られるが、CH-06Lは、卵を縦に置いたような丸いデザインを採用。また、本体は白一色(赤色のものもある)で、特にアクセントとなるような装飾もない。基本的にはシンプルなデザインだが、カラーリングと卵形の形状がかなりかわいいイメージを醸し出している。


正面。アクセントになる装飾もなくシンプルでかわいい卵形デザインだ 側面。側面下部の透明プラスチックの部分が青く光る 背面。電源コネクタや各種スイッチ、ファンなどが見える。上部には取っ手があり、持ち運びも楽だ

側面は青色LEDによってこのように光る。スイッチでON/OFF可能だ
 また、本体左右には透明プラスチックを採用している部分がある。この部分は内部に青色LEDが取り付けられており、青い光が点灯できる。結構明るく、暗い部屋などではまぶしく感じてしまうほどだが、スイッチでON/OFF可能となっているので問題なし。普段はスイッチを切った状態で使えばいいし、スイッチをONにして光らせれば、パーティなどでちょっとおしゃれなオブジェとしても活用できるだろう。

 庫内サイズは6Lと、それほど大きなものではない。350mlの缶ビールや缶ジュースは最大8本、500mlのペットボトルは最大4本まで収納可能。内部には仕切り棚を取り付けることも可能だが、その場合には収納できる量が減ってしまう。また、扉には小さなバスケットが取り付けられており小物を収納可能だが、飲み物を最大限入れようとすると、このバスケットが邪魔になって扉が閉まらなくなってしまう。庫内の奥行きがあと3cmほどあればスムーズに閉められそうだが、それでは本体サイズが大きくなってしまい、せっかくのコンパクトさが失われてしまう。多くの飲み物などを収納したいなら、10Lタイプのものも販売されているので、そちらを選択すると良いだろう。

 電源はAC/DCの2電源方式となっている。コンセントに接続して利用するACケーブルに加え、車のシガーソケットに接続して利用するためのDCケーブルが付属しているため、ケーブルを別途購入せずとも車内で利用可能だ。これなら、コンパクトさも十分に活かせると言っていいだろう。


付属のACケーブル。車のシガーソケットから電源を取り利用できる 内部の様子。容量は6L。中央奥の金属部分がペルチェ素子で冷やされ、庫内が冷却される 庫内には棚を取り付けることも可能

棚を付けた状態では、350ml缶を最大7本まで収納可能 棚を外せば、350ml缶を最大8本まで収納可能 同様に500mlペットボトルは最大4本まで収納可能

ドアには小物収納用ポケットが取り付けられる 350ml缶や500mlペットボトルを2列に入れると、ドアのポケットがぶつかって扉が閉められなくなる 棚同様ドアポケットも取り外し可能。ドアポケットを外せば缶を2列に入れても扉を閉められる

 冷却装置にはペルチェ素子を利用している。ペルチェ素子は、2種類の金属の接着面に電流を流すと、一方の金属からもう一方の金属に熱が移動し、一方は発熱、もう一方は吸熱するというペルチェ効果を利用した電子部品で、CPUクーラーとして利用されていることでもおなじみだ。小型冷蔵庫は、一般的な冷蔵庫のようなコンプレッサーを搭載するスペースがないため、ペルチェ素子を利用するのが一般的。それ以外にも、電流の向きを逆にするだけで発熱・吸熱が逆転するので、冷却だけでなく保温用途にも活用できるという利点がある。実際、CH-06Lもスイッチを切り替えるだけで冷蔵庫としてだけでなく保温庫としても利用できる。

 冷却能力は、外気温に対して-20度とされている。これは、ペルチェ素子の発熱側と吸熱側の温度差が、基本的に一定になるという特性によるもの。例えば、外気温が25度の場合、内部は5度になるという計算だ。一般的な冷蔵庫の冷蔵室は、5〜10度ほどに保たれているが、CH-06Lもほぼ同じ程度の冷却能力があるように思われる。実際に、室温が26〜27度ほどの部屋で使ってみたが、中に入れたビールやジュースは、冷蔵庫で冷やした場合と同様に十分冷たくなっていた。

 ただし、ペルチェ素子を利用しているために、内部の温度は外気温に大きく左右されてしまう。例えば、外気温が猛暑日相当の35度だとしたら、内部は15度ほどになってしまうことになる。室内で利用していれば、気温が35度を超えることはまずないと思われるが、車に載せて持ち運ぶ場合は、車内の温度に注意しておきたい。ちなみに、保温庫として利用する場合には、庫内は約60度に保たれるようだ。

 また、ペルチェ素子を使った冷蔵庫には、動作音が非常に小さく静かだという長所がある。もともとペルチェ素子自体の動作は完全に無音。CH-06Lにはペルチェ素子の発熱側を冷却するための空冷ファンが搭載されているため無音というわけではないが、一般的な冷蔵庫に比べるとはるかに静かだ。就寝時など、非常に静かな状態では気になるかもしれないが、普段は使っていて音が気になることは、ほとんどないと考えていいだろう。


背面の電源コネクタおよびスイッチ。スイッチは、電源の種類(AC/DC)の切り替えと側面ライトのON/OFF、そして冷蔵・温蔵の切り替えスイッチが用意されている ペルチェ素子を冷却するためのファン。静かな状態ではビビリ音が少々気になる程度で、騒音はあまり気にならない 消費電力は、カタログ値では冷/温蔵時どちらも45Wとされている。ワットチェッカーで計測すると40W前後で推移した

 このようにCH-06Lは、かわいいデザイン、気軽に持ち運べる軽量コンパクトな本体、冷蔵庫だけでなく保温庫としても利用できる点、利用時に騒音が少ない点、AC/DC2電源で利用できる場所の制約が少ない点……など、魅力的な特徴の多い小型冷蔵庫だ。内容量が少なく、保存できる飲み物の量が少ないと感じる人もいるかもしれないが、コンパクトさに魅力を感じるなら十分おすすめできる。これで今年の暑い夏もバッチリ乗り切れそうだ。





URL
  株式会社国際貿易関西
  http://www.topone.co.jp/
  製品情報
  http://www.topone.co.jp/tamago.htm

関連記事
家電製品ミニレビュー
ツインバード「デュオカーゴ Si OR-C638」(2007/05/22)




PR  




2007/07/17 00:01

- ページの先頭へ-

家電Watch ホームページ
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.