家電Watch logo
記事検索
バックナンバー
【 2009/03/30 】
やじうまミニレビュー
DO-SEE「LEDライト付きスタンドルーペ」
[00:01]
家電製品ミニレビュー
ツインバード「コンパクトフライヤー EP-4694」
[00:01]
【 2009/03/27 】
家電製品ミニレビュー
三菱「蒸気レスIH NJ-XS10J」
[00:02]
やじうまミニレビュー
L.L.Bean「ボート・アンド・トート・バッグ」
[00:01]
【 2009/03/26 】
やじうまミニレビュー
アイリスオーヤマ「サイバークリーン」
[00:01]
家電製品長期レビュー
三洋電機「eneloop bike」(4/4)
[00:00]
【 2009/03/25 】
やじうまミニレビュー
オーエフティー「自動給餌機 Newビストロ」
[00:01]
家電製品ミニレビュー
日立「クリエア7 EP-CV1000」
[00:00]
【 2009/03/24 】
やじうまミニレビュー
「家庭菜園 かいわれくん」
[00:02]
長期レビュー
シャープ「プラズマクラスターイオン発生器&加湿空気清浄機」 (4/4)
[00:01]
【 2009/03/23 】
やじうまミニレビュー
撥水ペーパーのメモ帳と“現場仕様”のボールペンを試す
[00:01]
長期レビュー
三洋電機「eneloop bike」 (3/4)
[00:00]

やじうまミニレビュー
東レ「トレビーノ スーパースリム702」

〜蛇口に取り付ける手軽な浄水器
Reported by 結城 涼子

スーパースリム702
 最近、新築のマンションなどを見学しにいくと、キッチンに浄水器が当たり前のように付いている。近所のスーパーでもアルカリイオン水を無料で配るサービスを行なっていて、自宅に浄水器がないことが前から気になっていた。

 知人に話を聞くと、「浄水器のカートリッジ交換する時にカートリッジに汚れが溜っているのを見ると、原水がかなり汚れているのがわかる」らしい。自分でも一度スーパーで配られていたアルカリイオン水と自宅の水を飲み比べてみて、飲み心地がかなり違うと感じていただけに、前々から浄水器を導入したいと考えていた。

 しかし、実際に何度か家電量販店の浄水器売り場を覗いたこともあるのだが、ポット型・蛇口型・据え置き型など、浄水器の種類が豊富すぎてなかなか選べない。

 今まではスーパーのアルカリイオン水を汲んできたり、湯沸しポットについている「カルキ抜き」機能を使っていたが、スーパーの水は汲みにいくのが大変で、賞味期限も1週間と短い。ポットの場合、いつもお湯が必要なわけではないし、ポット1回分の量では足りないこともある。悩んだ結果、値段的にも手を出しやすい蛇口型の浄水器「トレビーノ スーパースリム702」を付けてみることにした。購入価格は2,980円だった。

 浄水器のカートリッジ交換時期を、デジタル式で表示するものもあるが、今回購入したのはカートリッジの汚れ度合いを目視で確認して交換するタイプ。自分の目で汚れを見られると、除去効果も実感できそうだ。


中身は浄水器本体とカートリッジ、蛇口用の取り付け部品
設置イメージ
「浄水」「原水」「シャワー」を切り替えられる

 早速、取り付けてみることにした。蛇口のタイプを4タイプから選び、取り付け用の部品を蛇口に通し浄水器にはめ込めば設置は完了。浄水器が少し大きいので回しづらいと感じたが、それ以外は特に迷うこともなく、簡単に取り付けられた。

 設置してみると、カートリッジが蛇口にあるタイプなので意外と大きく感じる。蛇口から下が見えづらくなった感じで、洗い物をするときなど、少し手元が見えにくいかもしれない。

 水を出すときには「浄水」「原水シャワー」「原水ストレート」と選べ、お料理のときや洗い物のときなど切り替えて使える。シャワーは洗い物のときに結構使うので手元で切り替えられると便利だ。

 どれだけ浄水効果があるのか気になったので、まずは自分で飲んでみることにした。原水を飲んでみると、なんだか硬くて飲みづらい感じがする。一方、浄水器の水は無味無臭といった感じで飲みづらさもない。

 ただ、飲んでみるだけでは実際にどれだけ浄水効果があったのかわからないので、タニタの塩素チェッカー「ミズミル EW-505」を使って塩素濃度を比較した。塩素チェッカーとは、コップなどに溜めた水に10秒間浸けると塩素濃度を5段階で表示してくれるもので、塩素の除去度合いを実際に確認できる。

・原水 0.15ppm(残留塩素が検知された。カルキ臭はなし)
・ポットのカルキ抜き 0ppm(残留塩素はほとんど検知されなかった)
・浄水器 0ppm(残留塩素はほとんど検知されなかった)


 実際に数字で見ると、塩素濃度がゼロになっていて、浄水器の効果が確認できた。今まで使っていたポットのカルキ抜きも、実際に効果があるか半信半疑だったが、数字で効果を確認できたのは嬉しい。


塩素チェッカー「ミズミル」 原水の塩素をチェックしたところ。0.15ppmの塩素を確認
浄水は塩素が検知されなかった

 これまではわざわざ一度お湯を沸かしたり、スーパーまで汲みにいったりと手間がかかっていたが、浄水器があればいつでもすぐにきれいな水を使える。実際の除去機能も確認できたことで、これからの生活で安心して使えそうだ。





URL
  東レ株式会社
  http://www.toray.co.jp/
  トレビーノ スーパースリム702 製品情報
  http://www.torayvino.com/product/super/sup_a006.html
  株式会社タニタ
  http://www.tanita.co.jp/
  ミズミル EW-505 製品情報
  http://mediasolution.jp/tanita/hp/productDetail.do?_productId=618&_isListBack=true

関連記事
やじうまミニレビュー
三菱レイヨン「ピュアピュアラクリーン SK105W-GR」(2006/12/11)




PR  




2007/01/25 00:01

- ページの先頭へ-

家電Watch ホームページ
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.