ニュース

シーツに敷いて、睡眠状態を点数化する「beddit スリープモニター」

睡眠計「beddit スリープモニター」

 アクシバースは、フィンランド・Beddit社が開発した睡眠計「beddit スリープモニター」を発売した。価格は19,800円(税込)。

 日々の睡眠状況をスコア化し、スマートフォンなどで確認する睡眠計。計測できるデータは「睡眠時間/睡眠効率/安静時の心拍数/いびきと呼吸」。睡眠状態を0〜100点でスコア化し、グラフの線が緑色のゾーンに入ると、質の良い睡眠だったということを視覚的に教えてくれる。

 本体には、心弾動数(BCG)の測定技術を搭載した紙のように薄いセンサーを採用。寝具の上に敷いて眠るだけで、日々の眠りの状態がわかるという。

本体は薄く、寝具に敷くだけで身につける必要がない
睡眠状態を0〜100点でスコア化する
アプリでは、睡眠時間、入眠に掛かった時間、いびきの時間なども確認できる

 データは、Bluetoothを通じてスマートフォンなどに転送する。専用アプリは、Android端末、iOS端末で使用できるほか、Apple Watchにも対応。

 本体サイズは、40×750×6.5mm(幅×奥行き×高さ)。カラーはホワイト。

(西村 夢音)