ニュース

モップ装着で“本気の掃除”をするロボット掃除機「クレモン」

クレモン MR6850M-H

 モニュエル ジャパンは、モップ清掃機能を搭載したロボット掃除機「クレモン MR6850M-H」を5月30日より発売する。希望小売価格は59,800円(税抜)。

 センサーで室内を検知、自動で運転するロボット掃除機の新モデル。本体下に着脱可能なモッププレートと付属のワイドモップを取り付けることで、ゴミの吸引だけでなくモップ清掃も同時にできる点が特徴。同社によると、多くのユーザーが掃除機をかけた後に、フロアワイパーなどによるモップがけをしており、掃除機だけでは、掃除は完了しないという。クレモンでは、「掃く」「吸う」「拭く」を1台でできることから、家事の効率が向上するとしている。

 ワイドモップは、ホコリや花粉、ハウスダストをキャッチしやすい特殊素材を採用しており、本体に2枚付属する。ワイドモップの面積は460平方cmで、ロボット掃除機に装着するタイプのモップとしては、最大級のサイズ。

本体裏面にモッププレートとワイドモップを取り付けることで、吸引掃除しながら、モップ清掃も行なう
本体付属品。特殊素材を採用したワイドモップは2枚付属する
ダストボックスは本体上部から取り出す。容器は水洗いも可能

 バッテリーは、充放電1,000回可能なリン酸鉄リチウムイオンバッテリーを採用。容量は1,400mAhで、一般的なロボット掃除機に比べて、寿命が長い点が特徴。充電時間は最短60分で、最大120分の連続運転が可能。また、別売りで用意されている容量2,800mAhの大容量バッテリーに交換することもできる。その場合、最大240分の連続運転が可能となる。

センサーで暗い場所を感知し、暗い場所だけを掃除する「シャドウモード」。家具の下などを掃除するのに便利

 運転モードでは、通常の吸引モード、吸引とモップ清掃を同時に行なうハイブリッド運転、モップ清掃のみを行なうモードなどのほか、センサーで暗い場所を感知し、暗い場所だけを掃除する「シャドウモード」を用意。ベッドやソファ下など、ホコリが溜まりやすい場所を集中的に掃除できる。

 本体サイズは348×86mm(直径×高さ)で、重量は2.7kg。消費電力は最大20Wで、1時間使用あたりの電気代は約0.5円。1カ月毎日使用した場合で約27円。本体カラーはプレミアムグレー。

(阿部 夏子)